忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
もちろん、居眠りしてしまった運転手の責任は重大だし、
運行管理上の問題もあるだろうけど、
ガードレールが防護壁の内側にあれば、
あんな大惨事にはならなかったはず。

<関越道バス事故>壁と防護柵、隙間10センチ 被害拡大か


観光バス大量死傷事故に関する関越自動車道構造上のミス

仮にバイクで同じ場所に突っ込んでしまったりしたら
やはり死亡事故は免れないだろう。

ガードレールがきちんと設置されてればライダーは大怪我したとしても、命は助かるかもしれない。

運転手やバス会社に責任を追及するのは当然のことだと思うけど、
運行管理の規定を改めたり、規制を強化して、
居眠り運転は減ったとしても絶対にゼロにはならない。

原発事故と同じく、形だけの対策。

国交省はネクスコにも責任を問うべき。
もちろん国交省の責任も免れない。

しつこいけど、あんな構造じゃなければ、
ガードレールに接触したまま減速して、
一人も死者が出なかった可能性は高い、と思う。

少し前に料理家?のケンタロウが首都高からバイクごと落っこちたけど
首都高も相当危ない所いっぱいあるよなぁ・・・。

サーキットに学んだほうがいいよ、ホントに。
PR



こないだスタンド関係の人に聞いのだが・・・

タンクローリーが荷卸してる時に給油をしてはいけない!

ガソリンスタンドの地下タンクには、
結構ゴミだの不純物だの水分だのが貯まってるそうで、
定期的に掃除はしているらしいけど、
特に荷卸時(タンクローリーから地下タンクへのガソリン補充時)には
どうしてもそういったゴミや不純物などがシャッフルされた状態らしく
給油時に混じりやすくなるんだと。

給油しようと思った時に、タンクローリーがいたら、
しばらくたって不純物が沈殿した頃合に行った方が良いそうです。

それと、
スタンドによって結構値段の違いがあるけど、
やっぱりというか、それなりにガソリンそのものの質も違うらしい。

酔っ払って話を聞いたからうろ覚えなんだがww、
精製の純度というか、品質にはそれなりに違いがあるそうで、
いつも安い店というか、メーカーというのは、
やはりそれなりの品質なのだとか。

まぁ実際の走行には支障はないだろうし、
当然然るべき品質管理はされてると思うので、
エンジンが壊れたりとかそういうのはないだろうけど、
気にする人は気にするみたいですな。

そんなことは当たり前田のクラッカーな人も多いかもしれないですが、
個人的には初耳だったもんで、久方ぶりのブログ更新ネタにさせてもらいました。

ちなみに俺はガソリンについては、
安けりゃなんでも良い派だけどw

それにしても、ここんとこガソリンが恐ろしく高い。

過去に何度もそういうことはあったけど、
いつか、原油が枯渇し始めたときには、こんなもんじゃなく、
趣味で油を使うにはそれなりの覚悟が要る時代が来るのかなぁ
と、
漠然とした恐怖感を感じてしまう。

バイクに於いても、
ガソリン内燃機関ではなく、
それ以外のエネルギーによる物で、同じかそれ以上の愉しさを与えてくれるような、
そんなものが求められていく気がする。

勿論、内燃機関の魅力は、筆舌にし難いのだけれど、
新たに作り出せない限りはいつかは無くなってしまう訳で、
そうなる前に過去に固執せずに
それ以外の電気やら天然ガスやら、
先の見えるエネルギーで、趣味性を伴うような、そんな乗り物・・・・できないモンですかねw

できれば基本、二輪で。

なんだか二輪の文化がどんどん尻すぼみになりそうな気がして
不安で不安で・・・・・・・

ま、今現在、バイク持ってないし、偉そうなこと言える立場でもないんですけどねwww



車のバッテリーが上がっちゃったので、
ネットで探して注文。
 
ついでに久々にネットでいろいろ徘徊してたら、
いきなり覚えの無いウイルススキャンみたいなのが始まって、
ブラウザが全部シャットダウンされた。

↓こんな画面
Privacy.jpg

全部英語の画面でスキャニングを勝手にやりやがるし、
ファイアウォールが効いてないとか変な警告出るし、
ブラウザはどれも起動できなくなるし、
マイクロソフトのロゴに似てるけど提供会社名は全然違ってたりと、
極めて怪しい雰囲気満載だったので、
LANケーブルを引っこ抜いて再起動。

んで、この怪しいアイコンを削除しようと試みたが、
意外にしつこくて簡単には削除できなかったので、
セーフモードで立ち上げ直してexeファイルを削除してみたらなんとか復活した。

ようやく再びネットを見れるようになったので、調べてみたら
やっぱりウイルスらしい。

偽セキュリティソフト「Privacy protection」

どこで感染したのか知らないけど、
久々にやられた・・・orz
(今日に限ってはエロいサイトとかは見てないんだけどな・・・・)

比較的新しめっぽいので、
もし同じような目にあったりしたらご注意を。

一般サイトにも仕込まれていることもあるようです。



<< 前のページ 次のページ >>
PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]