忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313

いよいよ発表間近な気配が漂う国内用New VMAXですが、
気になるのは発表時期だけでなく、やっぱりそのスペックや価格ですよね~。

輸出版では200psという大台に到達させましたが、
日本国内では、いろいろな規制のお陰で
そのまんま、という訳には多分行かないでしょうね。

超厳しい新騒音規制と、表向き撤廃されたことになっている馬力規制が壁になり、
どの程度かは判らないけどスペック上の制約は止むを得ないと思います。

まぁやりたい人はお金さえかければフルパワー化できると思うし、
そもそも多分乗り比べてもその仕様の差を明確に感じられる人は少ない気もします。
排気音とかはそれなりに違うかもしれないけど・・・・。

ただそうは言っても、メーカーとして踏ん張った感は出して欲しいと個人的には思います。

最近読んだ雑誌に日産GT-RのspecVの記事が載ってたんですが、
アレは何というか、そういう踏ん張り感というか、執念みたいなものを感じさせますね。

1500万円以上と、通常のGTRの倍近い値段するそうですが、
これまた表向き撤廃されたことになっている4輪車の馬力規制について
やっぱり国交省が500馬力を超えるものは難色を示したそうで、
それを「ハイギアードブースト」なるモノで逆手に取ったそうです。
馬力としては通常版と同じ485psですが、
中速域でヒミツ?のスイッチを押すと、80秒間だけブースト圧を上げて、
「馬力」ではなく「トルク」を増大させるとかいう話です。
(トルクが上がれば馬力もあがると思うけどw)
一度使用するとその後80秒間は使用できなくなる、とかいう制限もあるそうで
多分相当お役所とのツメというかせめぎ合いみたいなものをした雰囲気が感じられます。
(YahooのspecV紹介記事)
http://autos.yahoo.co.jp/ncar/newmodel/report1/mm0172/

ポルシェの可変タービンに対抗したとかいう話もありますが、
メーカーがそんなものを造ることそのものもスゴイですが、
そのコダワリぶりや気概みたいなものがヒシヒシと感じられて日産がちょっと好きになりました。
GTR・・・個人的にはデザインがちょっと好きではないのですが、
まぁ勿論そんなものは買えないので、好きになったところでどうしようもないですけどね(笑)

VMAXもそんな雰囲気を感じさせてくれることを期待してます。
まぁでも二輪車は相当締め付けが厳しいらしいので、同じようには行かないだろうなぁ・・・。

うーん、相変わらず勝手なこと言ってますね(笑)
値段はやっぱり220万円なのかな?

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]