忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[141]  [140]  [139]  [138]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130

指折り数えて待ち続けてきたMotoGP開幕戦がいよいよ今週末9日に開催されるのです。
開幕戦のカタールGPは史上初のナイトレース。
なんでもメインターゲットのヨーロッパの放送時間に配慮して、
というのが真相のようですが、現地の観戦者数は他GPと比べても桁違いに少ないようなので
止むを得ないんでしょうね~。
まー俺なんてどっちにしろ録画でしか見れない身分ですから関係ないですけどね。
・・・・でも、現時点で日本テレビでの地上波録画放送の発表がされてないんですよねぇ・・・・。
まさか、今年はやりません、みたいなことは・・・・・・ないと思っていますが、
そうなったらどーしましょう・・・・?

このへんで今一度日本テレビご意見箱に投書しておこう。
あ、テンプレ用意してみたので他にも見たい人がいたら投書してみてくださいね。
>>日本テレビ投書箱
テンプレ
「こんにちわ。ぼくはにほんテレビのだいふあんです。MotoGPをことしもちじょうはでやってください。
やってくれないときらいになります。きょじんせんよりしちょうりつがたかいとおもいます。」

しかし、2008年シーズンがどうなるか、全く予想できません。
今のところ昨年に続きドゥカティ優位な要素は多いですが、
マシンの開発は日進月歩。ストーナーが最新技術を味方につけて優勝をかっさらったように
今年ポッと出の新人が更なる進歩を遂げたマシンで優勝してしまう、なんてこともあるかもしれません。
ヤマハの新人ワークスライダー、ホルヘ・ロレンゾあたりも、
先週のナイトレースのテスト走行でかなり良い成績を出しているようだし、
少なくとも夜間走行という特殊なレース環境では、大番狂わせが出る可能性も高い気がします。
まぁ正統派のレースファンからすると、そんなのは邪道だと言われるかもしれませんが、
俺みたいな「にわかファン」にはその辺の歴史とか経緯は関係ないので、
「面白ければ何でも良い」と思っています。
そういえばF1でも今年は初のナイトレースをやるんですね~。
ひょっとしたらF1のための実験をMotoGPでやる、という意味もあるのかもしれません・・・・。
そう考えると安全性は十分検証されているのか心配になってきますが・・・。

あとは日テレ様のご英断?というかMotoGP地上波放送の発表を待つのみですよ。
スカパーに申し込む、とかいう判断は俺の場合無いのです(笑)

SBKみたいにネットで配信してくれればいいのになぁ・・・・。

さて、今日は1週間ぶりにブログを書いたのでまだ続きます。

最近久しぶりに会った知り合いのお姉さまが、
そういえば二輪レース関連の仕事をしているのを思い出したので
「MotoGPのチケットちょうだい~!」とか恥も外聞も無くストレートに聞いてみた(笑)
しかし、ここ数年無料チケットの取り扱いが厳しくなってるそうで、
全然ダメなんだそうだ。
「2~3年前ならあげられたんだけどね~」とか言われてガックシ来てたんですが、
「でも日本人ライダーなら結構仲良いから、今度飲む時とかあれば呼んであげるよ」
とかいうウレシイお言葉を頂戴したのでした。
「中野選手(現在MotoGPクラス唯一の日本人)はあんまり仲良くないけど、
250の青山くんとか125の小山くんなら良く会うから」
みたいな話なので、迷わずお願いしておいた。

前にも書いたけど青山ヒロシ選手(KTMで250ccクラスに参戦)は男気もあって日本人ライダーでは、
個人的にいま一番気になる存在なのですよ。
恐らく来期あたりには最高峰クラスにワークスライダーとして参戦してくれるはず、と期待しているのです。
でもワークスに入ることになった場合、多分それはホンダになるような気がする・・・そしたらどうしよう 
※注:俺はアンチホンダなのです。
まぁでもそんなことをいま気にしててもしょうがない。
とにかく会って話しができるんならそんな幸せなことは無いのです。

しかも、そのお姉さまいわく
「全日本選手権なら多分招待してあげられるし、パドックも案内してあげるよ」
とかなんとか、信じられない言葉まで。

にわかレースファンとしては世界戦ばっかりに目が行ってしまって、
国内レースを見るとこまで気が回ってないのですが、
「世界戦にステップアップしていくライダーを、全日本で目星つけとくのが楽しいんだよ!」
という言葉に、素直になるほどな~、と感心して
勿論全日本のレース観戦も今年のスケジュールに即座に入れてある次第なのですよ。
嫁にもこればっかりは有無を言わさず内諾済みなのです。

う~ん、今年は幸先良すぎて怖いくらいだ。


さらに続く。(おまけ)

ヤマハのHP内にあるムービーコレクション
ロッシ親子CMのメイキングムービーがいつのまにか追加されてました。
VMAXもCM本編よりいっぱい出てきますね。
最新のFZ1(多分07年式)とVMAX。
見劣りしないどころか、VMAXの方がバイクとしての存在感は高い気がします。
もちろんかなり主観というか思い入れのフィルターが入ってますが・・・。


ということで至上最長の文章でした。
いや~、忙しくってホントにもう
MotoGP情報漁ったり、SBKを観戦したり、「レーシングオートバイ」の付録DVD見たり、
去年のレースのおさらいしたり、今年のレースの予想したりするくらいしか時間が無くって大変ですよ。

レーシングオートバイ」(タイトルが激しくダサイと思うのは俺だけか)のDVDに収録された
ヤマハ執行役員の古沢氏インタビューが個人的には唸る位しびれる。
2007年、ヤマハはレース自体正直振るわなかったんですが、
間違いや失敗を認められるその器の大きさを古沢氏には感じるのです。
「ロッシにミスを誘発させたマシン側に責任がある」
「800cc化後のあのエンジン特性は今考えれば間違いだったかもしれない」
みたいな発言とか。
今話題のイージス艦関連の方にもツメの垢を煎じて飲ませたいくらいですよ。
ちなみに某H社のインタビューでは、
「ユニットプロリンクから従来のプロリンクへの変更は、あくまでもライダーの希望によるもの」
みたいなこと言ってますが、結局のところ今年すべてのRC212Vがプロリンク仕様になるとこ見ると
どう考えても「レースには向いていなかった」というだけのことでしょう。
まぁ、レースからのフィードバックとして鳴り物入りでC●Rとかにも採用されて
それなりに商売にもなったんでしょうが、
レース現場でのPR的役割は終えた、というところなんですかね。
まぁ他メーカーでも似たような機構は採用しているのでそれなりに意味はあるのかもしれないけど・・・・・。

おっと話が逸れてしまった。
うーん、長い! 携帯の人はすみません・・・。

レーシングオートバイ
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]