忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




前にもちょっと書きましたが、「フェルマーの最終定理」という本を読んでいます。
知り合いに教えてもらわなければ絶対に手に取らなかったであろうこの本。
まだ1/3程残ってますが、「すっげぇ面白い!」のです。

実に350年もの間、数々の数学者が挑んで敗れてきた「フェルマーの最終定理」。
その証明に至るまでの世界の数学者たちの挑戦とドラマ、みたいな感じなんですが、
数学が分からなくても楽しめます。書き手が巧いんでしょうね。
グイグイ惹きこまれて目が離せない展開です。
日本人数学者、谷山豊・志村五郎がその過程に重要な役割を果たしていることを
同じ日本人として知らなかったのも正直ちょっと恥ずかしいっす。
遂に証明を果たしたアンドリュー・ワイルズが、
その栄誉を自分だけのものにするために周囲へ極秘のまま証明に挑んでいるところを
いま読んでるんですが、このコダワリは男ですねぇ。
いや~ホント面白いです。読み終わるのが惜しい位。

で、やっぱり同時に時代物の「輪違屋糸里」というのを読み進めていて
こちらはほぼ読み終わったんですが、新撰組モノとして結構面白かったです。
浅田次郎は「壬生義士伝」という新撰組モノが映画にもなって有名ですが、
個人的には「輪違屋・・・」のが断然面白い。
これまで「悪」として描かれることがほとんどだった局長・芹沢鴨を新撰組髄一の「善」として描き、
逆に土方歳三を徹底的に悪者役に仕立て上げ、
芹沢鴨暗殺を様々な人間ドラマを内包した悲劇として描いた本作。
タイトルにある糸里という島原の妓をはじめ新撰組周辺の女性の視点から
新撰組の新しい側面(フィクションですが)を捉えた意欲作って感じです。

しかし浅田次郎ハズレもあるけど、
こういう実に面白い作品も多いので結構好きです。
そして感動モノから爆笑モノまで作品の幅が実に広く、
その創造力には驚かされます。
司馬遼太郎とかに比べると重厚さには欠けるけど、
エンターテイメント性と言う点では池波正太郎に匹敵するかもしれない。

最近面白い本に当たって読書が楽しくてしょうがない。
忙しいくせにヒマさえあれば本読んでます。

ところで先日のMotoGP13戦(イタリア・ミザノ)は、
またKCストーナー優勝みたいですねぇ。
日本GP楽しみだなぁ・・・・。

新型V-MAXは胡散臭いCGが出回ってますけどどうなることやら・・・。
Gooにモーターショーの公認サイトができたようですが、
目新しい情報、というか二輪車の情報全然ないのね・・・。
2005年の情報のとこでヤマハブースの動画があったけど。
>>ヤマハブース動画(新型Vmaxも結構紹介してます)
モーターショー行けるといいんだが・・・・誰かチケットくれないかなぁ・・・。
(他力本願で二匹目の泥鰌を狙ってみたりして・・・)


   
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]