忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[589]  [588]  [587]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [579]  [578]  [577
BS朝日でやっていたという番組。
前にも書いた武田邦彦氏のお話だが、
現状で気になっていたさまざまな事柄が氷解・・・とまでは行かずとも、
かなり理解できた気がする。

武田氏はしゃべる時のちょっとニヤけた表情で損してる気がするが、
言ってることは極めて現実的かつ論理的、そして庶民的でマトモだと思う。







目に見えず、直ちに影響は出てこないだけに、
誰もが楽観視している感のある放射能ですが、
間違いなくこれまで以上の「悪」影響を人体に与えていることは事実であり、
確率論の範囲ではあるのかもしれないけれど、
少なくとも子供に対してはその確率論としても危険度は高くなるのは周知のことのようです。

ちなみに、現状私のいる茨城南部のデータを元に計算すると、
ここ1ヶ月の被曝量は、
外部+内部+水道水の合計だけで
およそ270マイクロシーベルトという結果だった。

ざっくり且つやや甘い計算方法だけど、
仮にこのまま1年間推移したとすると、年間3ミリシーベルトを超える数字になる。

当初法律で定められていた限界である1ミリシーベルト
(現在は20ミリまで引き上げられようとしているようだが)
の3倍になるが、
自分はいいとしても子供にはちょっとどうしたものかと考えざるを得ない状況。

それにしても、福島原発周辺では、
自分とは比較にならないレベルの被曝をしている人が、
それこそ数万人単位でいる現状はどう考えても異常だ。

これまでの政府や関連機関の見通しが甘すぎるのは明らかであり、
本来であれば、即刻避難指示、いや場所によっては命令が出て然るべき状況と思う。

素人考えながら、放射能の影響は確率論的な部分が多く、
直接的な疾病や体調不良との関連性は立証しにくいように思う。

数年後になって致命的な症状が出て、
国や東電との訴訟を起こしたとしても取り戻せないものの方が多いはず。

正常性バイアスに侵されること無く、
自分や家族を守る術を良く考える必要があるとつくづく思います。

東京はともかく、福島をはじめとした東北および関東北部においては、
決して楽観すべき状況ではないと個人的には思うのです。
心底信用できる情報が無い場合は、
自分で情報を収集して防御しなければならない。

正直、自分の言ってることは勿論、独自に仕入れた情報にも確固たる自信は無いです。
だからこそより安全な方策を取るしかないと思ってます。

我ながら戯言ですな・・・。



最近気になった記事

汚染水放出はモラルの崩壊(1)

汚染水放出はモラルの崩壊(2)

注水を続ける以上、それと比例して汚染された水が溢れ出るのは
当然のことだと思います。
それをも想定していなかったとでも言うのだろうか・・・

汚染水については、
ヨウ素やセシウムしか公表されていないけど、
遥かに危険性の高いプルトニウムやストロンチウムなどはどうなっているのか?
無い訳はないと思うんだが・・・
PR



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ほんと
うちの奥さんがテレビのバラエティーを見て…これがレベル7の事態を引き起こしている国の番組?って怒ってましたよ。
なんなんですかね?この国は…
イナバ 2011/04/15(Fri)12:51:29 編集
Re:ほんと
>うちの奥さんがテレビのバラエティーを見て…これがレベル7の事態を引き起こしている国の番組?って怒ってましたよ。
>なんなんですかね?この国は…

ひとえに、「無難だから」ってことだと言ってる人もいますが・・・。
http://www.cyzo.com/2011/04/post_7055.html

マスコミも政治家も官僚も、そして当事者である企業も、
自分の責任を回避することしか考えてないですよね。
【2011/04/18 22:27】
超ごぶさたしております!
なんとか生きてます。masaです。

来月娘の小学校で、福島の舘岩に2泊3日の
研修旅行に行く行事があります。

放射線の影響は山によって遮断されているので軽微だとは言え、余震の心配もある中非常に疑問な行事です。

教育委員会からの一方的な押し付けに学校側も困惑しているのでしょうが、具体的なリスク管理の方策が示されていない事に非常に憤慨してます。

おかしいよ、さいたま市!

あ、久々でしたのにこんな内容でゴメンナサイ...。
masa 2011/04/18(Mon)13:32:20 編集
Re:超ごぶさたしております!
>なんとか生きてます。masaです。
>
>来月娘の小学校で、福島の舘岩に2泊3日の
>研修旅行に行く行事があります。
>
>放射線の影響は山によって遮断されているので軽微だとは言え、余震の心配もある中非常に疑問な行事です。
>
>教育委員会からの一方的な押し付けに学校側も困惑しているのでしょうが、具体的なリスク管理の方策が示されていない事に非常に憤慨してます。
>
>おかしいよ、さいたま市!
>
>あ、久々でしたのにこんな内容でゴメンナサイ...。

お久しぶりです。
放射線被害については、
福島
http://www.pref.fukushima.jp/j/7houbu58.pdf
埼玉
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html
これ見る限りは、南会津あたりは埼玉とさほど違いは無いっぽいですよ。
南会津は東京とほぼ同じくらいみたいですね。

距離や「福島県」というイメージよりも、
風向きや地形に大きく左右される気がします。

余震は心配ですが・・・。

親として心配な気持ちは同意です。
【2011/04/18 22:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]