忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
久しぶりであります!

久しぶりすぎて何を書いたらいいのか判らないくらいですがw、
56号さんからメールいただいてたので、転載させていただきます。

「あの人」に出会ってしまったそうです。

(以下転載)

今日は新型MAX中部メンバーでツーリングに行って来たのですが、
ついに、ついにあの伝説の男に会えましたよ!

今年の春先に浜名湖でオフ会を企画頂いた、VMAXLIFEというサイトの管理人
琴さんと、私がよく走りに行く郡上八幡のほうへ一緒に走りに行こうという
話になったのが事の発端。

折角だから他にも何人か誘おうとなって、mixiで呼びかけ何人か集まりました。
そこへ時を同じくして「あの人」がmixiに入会。
早速呼びかけを見つけてくれ、夜勤明けにも拘わらず参加表明してくれました。

あの人とは、昨年から俺流サイトでいくつもの伝説を披露しながら
殆どの新型乗りがお目にかかっていなかった「枯葉MAX」さんです!

実は私も枯葉さんの話題が出だした昨年夏頃から、何度も目撃情報のある峠へ
行きましたw しかし未だ会うことは叶わず、私の中では本当に存在するのか?
という疑念すらありました。

しかしその枯葉さんが今日ツーリングに参加され、
あの枯葉マーク、あのマフラーエンド、あの荷掛けフックを目の当たりにすることが出来ました。
今回参加のメンバーは揃いも揃って走りに自信のあるものばかり、合計6台。

コースも低速、高速、中速と3つの峠を抜けるハイペースコース。
私が先導で慣れたコースをかなりのペースで走っても誰一人遅れない!
6台連なって峠を駆け抜ける新型VMAX!先導していて感動モノでした。

全員揃ってバンクセンサーがガリガリ君w
中には完全に根元まで削り落してしまい、残ったネジ部をどうやって取ろうかと
落ち込んでいた人もw

枯葉さんはバンクセンサーをロングボルトにしていましたが、頭部分が完全になくなってました。

天気にも恵まれ、トラブルも無く快調にツーリングは終了!
夜勤明けで最後までお付き合い頂いた枯葉さんには本当に感謝、感謝です。

近県ということもあり、今後も枯葉さんとは一緒に走れそう。
私にとって、「伝説」が「現実」になった一日でした。

Image11.jpg

Image2.jpg

(転載ここまで)

枯葉MAX氏と言えば、
・水道管マフラーエンド
・オリジナルバンクセンサー
・自作フックボルト
・自作転倒ガード
などなど、オリジナリティ溢れるカスタマイズで、某所?では有名なお方なのです(笑)

個人的にもリスペクトする、経験豊富なお兄様なのですね。

決してお酒やチョコなどの贈り物をいただいたから持ち上げてる訳ではなく、
枯葉氏はもちろん、彼の所属する「年寄り爆走倶楽部」という集団の話を聞くにつれ、
「なんて大人で誇り高い人たちなんだろう」
と、バイク乗りのあり方を考えさせられることばかりなのです。

前にも紹介した、コンテナ置き場での限界ギリギリ練習会はもちろん、
ここでは書いてないお話もいっぱいあるんですよね。

例えばこんな話w

A-MAX氏の逆車修復計画のネタに絡めて
こんなメールをいただいてたのです。

(以下転載)

逆輸入車の場合、今回のような場合の修理パーツ手配・入手のことも気になるのですが、
車両価格が高価になっていますので、その場合の修理値段の方が心配です。
一気に30万円50万円・・・100万円などは到底捻出できる金額ではありません。
1ヶ月のお小遣いが25000円の身ですから絶対に無理です。
となれば、単車道楽の継続ができなくなるわけです。
Y(>_<、)Y ヒェェ!
 
時々ありますよね、ツーリングで行った先の峠道で友人の単車を運転してみたくなる事って。。
ρ(^◇^)ノ.はーいっ
その借用中に対向車の飛び出しやフルバンク中のバーストなどが起きたらどうしますか?
今のフルカウルの単車ならば軽く転倒して滑っていけば、
安くても10万円、その他もろもろを交換となれば、30万円40万円の費用がかかってしまうものです。
岐阜馬鹿力VMAXは転倒・滑走・ジャンプをして108万円の修理代金が必要だった経験があります。
(*_*)ビクッ  (^^; ヒヤアセ
しかし、車両保険があれば、免責分の5万円の支払ですむわけです。
高額な車両であればあるほど車両保険の有用性が実感できるものです。
転倒や事故の場合にタイヤを削る1000円札の比ではないのです。
 
自分の車両の場合、「自分の責任」とも言えますが、
友達の車両を自分が壊した場合にどうしますか?
自分の車両を友達が壊した場合どうしますか?
?(°_。)?(。_°)?
修理費用の事で裁判までやっちゃいますか?
そこが問題なのです。車両が壊れたあと、修理の段階で今度は友達関係も壊れる可能性があるわけです。
*****≫))))(/_x)/
年寄り爆走倶楽部の入会資格の中に≪自他共に認める充分な車両保険の加入がしてあること≫の項目があります。
運転者が自分であれ、友達であれ、
車両が潰れた場合、オーナーの納得の出来る最低限の保証が支払われ、友達関係が潰れないようにしているわけです。
 
小生の場合、ナビ、カーボン**、アルミ**、チタン***、その他もろもろのオプションパーツが付いているので、
パーツの一切合財を合わせて250万円の車両保険をかけています。
ですから、よく冗談で言う事が、「中途半端にこけてくるなよ。突っ込む時は廃車までやってくれよ!!」となります。
 
小生は、保険屋の回し者ではありません。
自分の車両でも友達の車両でも、フルパワーを満喫して、
その性能をフルに感じ取る時の≪金銭的なプロテクター≫となってくれるのが保険なのです。
(^_^)v
ですから、年寄り爆走倶楽部の入会資格の中の1つに
≪自他共に認める充分な車両保険の加入がしてあること≫
があるわけです。
ρ(⌒◇⌒)ノ.はーいっ
 
まあ、これが年寄り爆走倶楽部の考えることですよ。
普通では任意保険が入会資格にあっても、
まさか入会資格に車両保険が必要だとは考えないでしょうね。
高額な車両であればあるほど車両保険の有用性が実感できるものです。
かなかな車両保険までは手が出せないのが事実です。
しかし、単車友達を単車の修理・廃車の問題でなくすことに比べれば安いものだと思います。
 
(転載ここまで)

まぁ、ちなみに俺的には、バイクに関しては
車両保険なんて生まれてこの方、一度も加入したことない訳ですが(笑)、
こんな風に言われると「なるほどなぁ~」と思いますね。

人のバイクに乗ってみたい、とか、
人に乗せてあげたい、みたいな気持ちはあるけど、
でも、何かあったら面倒だし・・・
とかいうシチュエーションって結構ありますよね???

その辺を気持ちよく解決?というか、昇華して愉しんでるのが、
彼ら「年寄り爆走倶楽部」なのかもしれませんねー。

面白いと思います。

俺も一度会ってみたいんですけどね!枯葉MAXさんには。

残念ながらまだ機会に恵まれないのです。

てことで、人のネタばっかりで恐縮です!
いろいろ書きたいことがあったりするんですが、
なかなか時間無くって、考えをまとめる暇が無いのです。

時間が出来たらまた・・・
PR



まったくもって、嬉しいことです。

こんなお酒をいただいてしまった。

激レア品であります。

DSCF9885.jpg

ラベルを拡大すると・・・
DSCF9887.jpg

裏のラベルもこんな感じwww
DSCF9890.jpg

こんなお酒があるんですねぇ・・・。
造っているのは三重県の後藤酒造場・・・・ではなく、
こういうことをするのは、やっぱりあの人であります(笑)

(以下転載)

そろそろネタが到着している頃だと思います。
(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ
 
年寄り爆走倶楽部の「慣わし?仁義?約束?・・・・・結局、
飲む為のネタ?」があります。
「車両購入後1年を経過したら、お祝いに≪厄払いの為の酒≫を振舞わなくてはならない!!」
という余りにも≪飲む為の理由≫と思われる慣わしです。
ですから、小生は
「同じ酒を振舞うのであれば、やはり≪VMAX酒≫に限る」と思い、
友人の作り酒屋からラベル無しの酒を入手し、VMAXラベルを作って貼り付けてばら撒きました。
その≪VMAX酒≫の残り12本の消化のために貴殿にお送りしたわけです。
結構、サラッとして美味い酒ですので、御賞味ください。
 
まあ、確かに、1年くらい乗っているとだんだん慣れが積み上がり、ヤンチャな運転になる頃でもあります。
その戒めとして≪厄払いの為の酒≫と言いながら初心に戻る意味も含めています。
 
(転載ここまで)

いやー・・・チョコに続いて、今回もしてやられました。
箱を開けた瞬間にニヤリとさせられる、手の込んだ贈り物でした・・・。
(注:もちろん非売品ですw)

「久波奈」・・・かなり飲みやすくて旨い酒です。
あっ!!!!という間にカラになっちゃいましたが、実に良い酒でした! 
枯葉さん、ごちそうさまでした!

久波奈=桑名といえば焼きハマグリですかね?
そういや今更思い出したけど、紀伊半島へ初代VMAXでツーリングに行ったなぁ~。
かれこれ10年近く前か・・・。

10年経つといろいろ変わるよなぁ。

こないだ、たまたまケーブルTVでやってた映画「スタンドバイミー」を
観てしまったんだけど、20年くらい前の映画なんだけど、
なんか深く、良い作品だった。

友達と過ごす時間の大切さを思い出させる、
しみじみと感じ入る内容だった。

こないだ久しぶりに友達と朝まで飲んだくれてしまったんだけど、
共感できる何かをもった相手と、とめどなく話を・・・、しかも、
とりとめもないような話をするのも
一見無駄なようで、実に満たされる時間の過ごし方だなーとあらためて思ったりした。

そういや、VMAX座談会からもう1年も経つんですねぇ・・・。
牧野さん、一条さん、梅本さん、そして当時はまだ結構少なかったオーナーさん達と
実にコアでディープな時間を過ごしました。
あの時も朝までうだうだ飲んだなー。
あれからもう1年・・・・長いような短いような・・・・。
また機会があればやりたいもんですなー。


ちなみに、どうでもいい話だけど、
「スタンドバイミー」を観て驚いたのは、
なんと「24」のジャック・バウアーこと、K・サザーランドが
若かりし日の姿で出演していたこと(笑)
BSでやってる24シーズン7をちょうど見てたとこだけに、
そのギャップ(髪の濃さとか)に驚いたw

20年経つとこうも変わるものか・・・・。
まぁVMAXも変わったしね・・・(ってちょっと強引か)

久しぶりにブログ書いたので、
その間にメールいただいてた「逆車VMAX修復ドキュメント」の途中経過も報告!

(以下、当事者であるA-MAX氏からのメール転載)

先日来お騒がせしております修復ドキュメントでございますが、
ビミョ~ではございますが進展がありましたので報告いたします。

先日、土曜日だったかお店のほうに顔を出したところ、
現在の状況を説明していただきました。

土曜日(8日)現在、の話しになりますが、
「整備に入った(私の深読みになりますが、
当初交換予定で発注をかけたパーツは納品されたもの、と感じました)のですが、
フロントフォーク関係で変形によりどうしても抜けない
(フロントフォークの曲がりにより、引き抜いて再利用しようとしていたパーツが抜けないらしい)ものがあり、
追加注文するしかあ りません」
ということで、やはりといいますか、懸念していたフロントフォーク関連で追加部品注文がありました。
具体のパーツ番号までは聞きませんでしたが、おそらくパーツリストで言うところの
「シリンダコンプリート、フロント(パーツ番号:2S3-23170-00[国内版])」とその周辺のパーツで、
合計片側約2万で、計4万程度掛かり増しのようです。
これにより修理費合計25万弱程度になりそうです。
ま、しかたないですね。
フロントフォークASSYでいかれるよりはだいぶマシだと思うことにします。

で、ここからが「ちょっと興味深い」ところなのですが、
土曜日(8日)の段階で、
「追加部品の納品が来週火曜日(すなわち11日)予定で、
その週の週末(すなわち15・16日)には修理を完成させたいと思います」
とのことでした。

思っていたよりもかなり早いです。
「発生~見積もり完成」にかかった時間よりも「見積もり完成~修理完了」のほうが短いんじゃないか?
と思っちゃうくらいの速度です。
すばらしいです!さすがは全国最大規模グループ!!

という感じです。

(転載ここまで)

ということで、無事、思ったよりも早く、修復の方向に向かっているようですね!
とりあえず良かった!

お店側もかなり頑張ったようです。

まぁこれ以上書くと、なんか某全国最大規模グループの宣伝してるみたいなので、
この辺にしておきますwww

A-MAX氏が再びVMAXで走り回れる日も、そう遠くは無さそうです。
(VMAXよりも彼の怪我の回復の方が時間がかかるようです・・・・)


久しぶりに書いたら、いろいろ詰め込みすぎてワケワカメになっちゃったw




なんと! 先日イナバのFさん情報で書いた
ワイズギアのフルパワーマフラーについて、
GK一条さんからメールをいただいた。

VMAXを降りてしまった私に気をかけていただいて恐縮であります・・・。

その中でPRUNUSマフラーのデザインについて
興味深いお話があったので、許可を得て転載させていただきます。

(以下転載)

お察しのようにGKがデザインしています。

いろいろトライしましたが、コスト制約が厳しく苦労しました。
結果として形状変更はマフラーエンドのみになりましたが、
それでも見た目の印象はかなり変えられたと思います。
4気筒の4で吸って4で吐くのイメージをより強調したデザインです。
∞コンセプトも同様にインテークとマフラーをシンクロさせています。

エキパイからマフラーまでブラックにしたのも効果があり、
精悍なたたずまいを醸し出しています。
リアビューはブラックマフラーに削り出しの4本排気口が印象的になりました。
イメージは排気口はロケットのブースターであり、
マフラーは2連の双発ジェット戦闘機です。
削り出しパーツを含めリアエンドは軽量化には細心の注意を払いました。

というわけで、音もいいし満足度の高いマフラーになったのではと、感じています。

(転載ここまで)

やっぱり、というか当然というか、
他のワイズギア・オプションと同様にこちらのマフラーのデザインも
GKダイナミックスで手がけているんですねー。

それにしても、飛行好きな一条さんらしい、
戦闘機をイメージしたデザインなんですね。
ブースターっぽいリヤエンド、個人的にもかなりツボです。

残念ながらまだ現物を見ていないんですが、
質感も含めて仕上がりはかなりのモノであることは間違いないでしょう!!

ちなみに、こちらのマフラー、
前にも書きましたが、そもそもVMAXの純正マフラーを造っている
サクラ工業というところで製作されたそうです。

サクラ=PRUNUS(プラナス)
というブランド名な訳ですね。

そもそも各種純正マフラーをメインで造っているところなのだそうで、
オリジナル商品はまだまだ少なく、
PRUNUSブランドとしては今回のVMAX用が初のラインナップ。

しかし技術的にはこれ以上無いレベルの所ですから、
中身については折り紙つきでしょう!

・・・・というか、とあるスジの情報では、
中身はまんま輸出仕様らしいので、折り紙どころの騒ぎでは無いんですがwww

今更言うまでもないことですが、
国内車輌認定においては、73db(だっけ?)という厳しい騒音規制が課せられるものの、
アフターマーケットにおけるリプレイスマフラーであれば、
JMCA公認を受ければ、94db(だっけ??)まで許される、という
なんとも嬉しいようなで微妙に複雑な、騒音規制の隙間を突いた
ブレイクスルーな商品なんですね。

まぁ真偽のほどは実際に間もなく発売されてから確かめていただくとして、
音も、性能もフルパワー仕様同等で、
GKデザインの純正カスタムな外観になって、
しかもお値段は純正パーツを買うより安い???という、
とてつもなく常識破りなフルエキとなるのは間違いなさそうです。

それでいて、社会的にも法律的にも全ての問題をクリアしているんですから、
実に気持ち良く、面白い話です(笑)
こういう戦略を考える人の頭の中をのぞいて見たいもんです。

これで益々、国内仕様ベースフルパワー最強論に拍車がかかるというものです。

あー、一応念のためですが、逆車が嫌いなわけじゃなくて、
ヤマハ脳で国内仕様推進派なだけです。

逆車といえば、先日、
逆車VMAXに乗る枯葉氏より、予告無くクール宅急便が届いた。

伝票には「ネタ その8」としか書いていないwww

なんだろう??
と、期待しつつ開けてみると・・・

こんなんでした

DSCF6206.jpg

DECOチョコ??
パノラマケースにストラップ???
そして箱にはVMAXのロゴが!!

開けてみると・・・

DSCF6214.jpg

わはははは!!
懐かしのチロルチョコにVMAXがプリントされてるし!!!

なんちゅう芸の細かいことする人だ!!!

うーむ、素晴らしすぎるぜ、枯葉お兄さん・・・・・

さっそく、鼻血を出しそうになりながら4個食して、
オマケにつけていただいた携帯ストラップと、パノラマケースを作ってみた。

DSCF6222.jpg

ぎゃはははは!!!
くだらねぇ~!!!(枯葉さん、すみません・・・orz)

こういうモノ(というかサービス)があることを知ってるのも凄いし、
これでVMAXしちゃおうという神経に恐れ入ります・・・・
(注・褒め言葉であります)

ちなみにDECOチョコで検索すれば、こちらのサービスについての情報はすぐに得られますが、
そのサイトにたどりついたら、是非とも
「みんなのDECOチョコギャラリー」を見て欲しい。

kore.jpg

は、腹いてぇ~・・・・・orz
新婚さんとか赤ん坊の写真の中で、ひときわ目立つ「VMAX」!!

やってくれますなぁ・・・・・

おみそれしました。
枯葉お兄さんのセンスには脱帽です。

っていうか、もしかして流行ってるの?コレ??
(んなわきゃないよなぁ・・・)

いやー・・・大事にさせていただきます。

あ、チョコは子供の餌付けに使わせていただいてますが。

DSCF6218.jpg
※赤ん坊には喰わせてません

枯葉氏のお心遣いに感謝します。

他にも
多忙なフリをしている私に暖かいメールや励ましをいただきました皆様、
ありがとうございます・・・。
(返信が遅くってすみません・・・)

GWはいろんなところで、VMAXを通じた出会いがあったようですね!
バイクには最高の季節ですよねぇ・・・(遠い目)

みなさま、くれぐれも事故には気をつけて~




PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]