忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




やべぇ・・・欲しい・・・。欲しすぎる・・・。
事前に出てきていた写真では少し引っかかるものがありましたが、
現物の動画や色んな写真を見ている限りでは、
デザイン・・・・・俺的には完璧ですよ・・・。

発表前、友達と新型VMAXについて、
「まぁ映画でもそうなりがちだが続篇は大抵1作目を越えられないんだよなぁ…。
逆説的に、続篇が作られるほどの傑作には、
いくら金と時間と手間と理屈を総動員しても、
超えられないような奇跡的な神の力みたいのが働いてるからな~。」
という話をしていたんですが、
新型VMAXについては、例外だった。

実際に目の前に現れた物は
神がかり的なヤマハの意気込みが感じられる出来だと思います。

恐らく、「200馬力じゃ物足りない」だの「排気量こんだけかよ」みたいな声は
そこに期待していた人たちからは出てくるでしょうが、
数値的には、十分・・・というか、十二分すぎるスペックだと思います。
(ラムエア吸気時には200馬力以上行くんじゃなかろうか)

車輌重量が310kgと重めですが、
排気量や車格を考えればやむを得ない数値だと思います。
というか、これだけの重量物をあんな動画のような加速をさせる
そのパワーに却って驚きますよ!

300KG以上の車体でゼロヨン10秒以下って・・・!

燃料タンク容量についてはちょっと残念ですが、
デザインを優先させた結果なんでしょう。
排気量は上がるけど、
先代と比べても燃費はそんなに変わらないんじゃないかと思うんですがどうだろう?

そしてデザインと同時に非常に良いのが、
排気音の出来ですねぇ・・・。
市販車輌としてはこれ以上無いくらいの音質だと個人的には思います。
欧州の規制範囲内でよくここまで良い音を出せたもんだと感動しますよ。

全体的な質感も素晴らしいと思います。
タンク上のパネルも落ち着いたデザインで良いっすね。

値段も相当頑張りましたよね。

当初予想していたトラクションコントロールはどうやら装備してなさそうですが、
この内容でこの値段は、「よくやった」と思います。
(俺はすぐには買えないけどね・・・)

金・・・・金をなんとかしないと・・・・・。
というか日本ではどうなるのだ・・・?

そして6日正午のカナダでのカウントダウンは何だ?
カナダでも一応サイトには2009VMAXで既に紹介されてるんだけどなぁ・・・。

・・・あっ!カナダのサイトのカウントダウン時間が修正された。
現地6日午後3時に変わりましたね。
日本時間だと、7日(土)午前2時・・・?また夜中ですか・・・。
(発表がオンタリオ州だった場合)
さて、次は何が出てくるんでしょうか?
カナダ向けサイトが公開されるだけかな・・・?
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]