忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




待望のNew VMAXが発表されて1週間が経ちました。
当方といたしましては、ヒマさえあればスペシャルサイトやらいろんなニュースサイトなどを
嘗め回しては溜息をつくばかりの毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか・・・・?

先日も書いたんですが、サイトで公開されている
New VMAXの開発秘話みたいなムービーが秀逸です。
「2009 VMAX deveropment story」とかいうタイトルの計20分間くらいの奴です。
なんだか良くできたドキュメンタリー番組のような構成なんですが、
New VMAXの開発コンセプトや苦労の様子などが実に良く判ります。

実に11年もの歳月をかけてようやく登場したNew VMAX。
そこに込められたヤマハの想いは並々の物ではなさそうです。
造ってはやり直し、造ってはやり直し、を繰り返して6種類ものまったく異なるプロトタイプがあったそうな。
エンジンの仕様も途中で相当変わってるみたいですね。
特許図面が出回っていた可変バルブタイミング機構とかもその中で実際に導入されていたんでしょうねぇ。
開発の過程の中で淘汰されたモノ凄い仕様やアイデアがまだまだあったのかもしれません。

んでもって、単に高性能なものを造る、というだけでなく、
ドライバビリティーや面白さ、デザイン性など、
実にヤマハらしいやりすぎなまでのコダワリ方が見て取れます。

・高出力且つVMAXらしい演出が付されたエンジン
・直線番長なだけでなく、コーナリングにも優れた車体
・上記性能面とデザイン性とのバランス

この全てについて、果てしない努力が繰り返された結果がアレなんですねぇ。

知れば知るほどに、眺めていればいるほどに魅力が増してきます。

性能面では言うに及ばずデザインについても、
今や「完璧」と感じるまでになってしまいました・・・(笑)

当初気になっていたヘッドライトとかウィンカーとかメッキのマフラーとかについても
「もうコレじゃないと駄目だ」位の勢いです。

あぁ、マズイ・・・・マズイなぁ・・・・。
もう「どうやって200万以上の金を捻出するか」「どうやって嫁を説得するか」
という方向でしか考えられない・・・・。
(住宅担保の低金利ローンとかの広告まで目に付くようになってきた・・・・ヤバイぞ!)

現時点では国内販売するのか?という問題はありますが、
少なくとも向こう2年間くらいは買える見込みもないので気にしてません(笑)
何らかの形で数年内には絶対に国内で手に入れられるようになるだろうし、
仕様についても仮に国内仕様とかでパワーダウンしてても最早気にならなそう・・・・。

だってエンジン以外の車体や足回りとかのコダワリぶりも凄いんですもの・・・・・。
そして何よりデザイン・・・・・繰り返しますが「完璧」すぎる・・・・・。
USヤマハで純正オプションのスクリーンとかシートとかあるようだが、
そんなカスタムは必要無いくらいの完成された感があります。

唯一の希望としては、排気音についてはせめてあのまま・・・
100歩譲ってもあの音質は損なわれない仕様にしてほしいものだ・・・というくらいですかね。

あそこまでのコダワリを持って造られたNew VMAXを
欧米に劣るとはいえ、重要な市場である日本国内で販売しないワケがありません。
モーターショーでもヤマハの人は約束してくれました。
「イイもの出すから待っていてください」・・・と。

あ、なんか今イヤな思い出の歌が脳裏に浮かんだ・・・。
「あなた~約束しーたーじゃーないー・・・」って奴・・・。(古っ!)

そんな・・まさかねぇ・・・・。

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]