忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[357]  [356]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




いよいよ新型VMAX国内仕様のお披露目が間近に迫って来た今日この頃、
皆様におかれましては如何お過しでしょうか?

最近出た雑誌なんかを見ていると、
やはり145馬力、約230万円の線は間違いなさそうですね~。
オートバイ4月号 には興味深い内容もありました。
輸出仕様との違いについて、
どれも「噂」とか「…と言われている」みたいな曖昧な感じではありますが
「サスのセッティング変更もされるらしい」とか
「主に給排気系のリセッティングと、YCC-Iの変更によるパワー変更と言われており、メカニズム的にはほぼ共通と言う噂も・・・」
とか書かれてました。

この辺はやはり気になるトコですよねえ~。
「メカニズム的にはほぼ共通」という辺りに期待を募らせつつ、
「どこがどう違うのか?」ということはもちろんですが、
「それらをどうすればフルパワー同等に戻せるのか?」
という部分がポイントになってくると思います。

そこがある程度クリアにならないと、
こないだ偉そうに書いたヤマハ擁護を主旨とした逆車排斥論(?)も
ちょっと虚しい話にもなり兼ねないのです(笑)

気にしない人も実は多かったりするのかもしれませんが、
そこはやっぱり重要なトコですよね?
俺なんか買えないながらも気になって気になって、夜も爆睡しかできません…。

それがVMAXである以上、最低でも(?)フルパワー化はしたくなっちゃうし、
そしてあわよくば更なる上を目指したくなるのが人情というものです。
逆車が無いのは許せても今後そういう道が選べるかどうかは、
購入する時の重要なファクターとなるはず。
もちろん皆が皆、そんなことをするとは思わないですけどね。

それにしてもなんとなく雑誌を見てると
「国内仕様は日本での使用に合わせて最適化される」
みたいな論調が早くも漂い始めてますが、
そういう論調にはちょっとうんざりです。

ヤマハはメーカーとしての様々なしがらみの中で、許される範囲での最大限の仕様を世に送り出す。
それが海外とギャップがあったとしても、それ自体は非難に値するどころか、
「よーしよしよし!」と動物をかわいがるムツゴロウさんみたいに(?)心底受け入れられるものだと思います。
グレーゾーンだった逆車の規制についてもヤマハを非難しても無意味です。
そればっかりはどうしようも無いし、諸々の規制の中身については今後に期待するしかないのです。

でも、その海外仕様との「絶対的な違い」について
「これが日本に合ったベストな仕様だ!」という無理のある説明をするのは、
ユーザーの感情を逆なでするだけな気がします。
逆に言うと「輸出仕様は日本に向かない」ということになりますが、
それはいくらなんでもムリがありますよね。

まあメーカーの発言としてはお役所を刺激しないためなのかもしれませんが、
そんな変な説明しなけりゃいいのに・・・と思います。
雑誌社もその論調を増幅させたりするとこにユーザーの意識との大きなギャップを感じます。

「現状の規制では馬力はこれで精一杯だけど、その規制範囲内でできるベストな仕様だ」
とかでいい気がするんですが、ダメなんでしょうか?
変に取り繕わずに
「200馬力には及ばないけど、国内で145馬力も出せる時代になったんだぜ!」
ということをアピールすれば良いだけだと思うんですが・・・・。
ついでに
「ここから先はオーナーのカスタムで大きな可能性をも秘めている」
とでも雑誌社がふくませておけばワクワクしてきちゃいますよ。
同じ本の中でCBRのフルパワー化の記事とかも載ってるのに
そこだけ優等生な書き方をしてるのがどうにも解せないっす。
そんなことやってたら誰も雑誌なんて買わなくなりますよ。

しつっこいですが、
「日本の道ではコレが一番」なんていう詭弁はホントもうカンベンして欲しいです。
道路事情は違ってもそれがスペックにまで影響するなんてことは考えがたいし、
そもそもそんなものは乗る人や地域によっても様々であることは敢えて言うまでも無いですよ。

「馬力だけ高い輸出仕様よりも、コントローラブルなデチューン版のが良い」なんてのは論外です。
ボーダーレスに情報が行き来する世の中で、そんな詭弁を弄するのは意味が無いっすよ。
輸出仕様を買った外国の人にも失礼なのです。

「スペックの違いは規制の違いだ」と、
「それ以上の何物でもない!」と潔く言えば、
すんなり受け入れられると思うんですけどねぇ・・・。

それが出来ないなら変な言い訳は書かないことです。

とんだ理想論でしかないかもしれないことは百も承知です。
でも、多分世の中の多くのVMAXファンが思ってることと大きくは外れてないと思います。

えーと、繰り返しでゴチャゴチャしちゃったので
みのもんたホワイトボード風に整理すると

・国内仕様145馬力は相当すごい
・現在の規制ではこれが最大限だ
・今後は更なる規制解除モデルが期待できる
・お姑さんとソリが合わない

こんな書き方の方が面白いです。
(姑さんは関係無いか・・・)

さらに、
+輸出仕様との差はカスタムの可能性として秘められたマージンだ!
とかでもしといてくれれば文句なしです。

う~む…フルパワー化の可能性について書こうと思ったのに、随分話が逸れました(笑)
そしてフルパワー化の話とごっちゃになって判りにくくてすみません・・・。

いいんですよ。別に国内仕様が145psであっても、
フルパワーの逆車が日本では正規で取扱いされなくても。
145馬力でも当然素晴らしい車輌であることには変わらないと思います。
でも200psと145psとの違いの説明に
「国内では200psじゃなくて145psの方が向いている」
とするのはちょっと・・・という話がひとつ。

そして個人的に国内仕様フルパワー化も気になるぞ、
という話がもうひとつ、と。

ヤマハ、そしてVMAXが最高に素晴らしいのには変わりないのです←ここ重要

ということで見た人からメールいただいたので
言い訳じみた追記・修正をしてみました(笑)

まーとにかく、発表にならないことには何を言っても空しいだけです(笑)


(最近出た雑誌で新型VMAXの記事が載ってたもの)
   
   

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]