忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341
最近、国内仕様の話ばかりで逆車の情報をサッパリ書かなくなったことに
お気づきの方もいるかもしれないですが、一応それなりに理由があるのです。

情報がぜんぜん無いわけではないんですが、
思うところあって勝手に自主規制をしているんですね。

何故かと言うと…、
日本で逆車が売れてもヤマハはあまり喜ばないと思うからであります。

ハァ?手前何様のつもりだ!とか
酔っ払いの財務相じゃねんだから寝ぼけたこと言ってんじゃねえ!
みたいな声が聞こえてくる気がしますが、まあ最後までお付き合いください。


ヤマハも今年は未曾有(みぞうゆう?だっけ)の不況により赤字転落となる見通しなのだそうです。
為替は最近いくらか戻りつつはありますがまだまだ極端な円高である現在、
国内仕様と比べて逆車の利益率は相当低いはず。
そんな逆輸入車が国内仕様の潜在的な市場を侵食することは、
本来得られる利益をいたずらに目減りさせ、さらにヤマハを追い詰めることになりかねないと思うのです。
ヤマハは頑張ってイイモノを造ったんですから、
それに見合った対価を得るための障害となるようなモノに加担はしたくない、
というのが逆車の情報を書きたくない最大の理由です。

聞いた話では、ヤマハはVMAXの逆輸入をしようとしている業者さんに、
逆車取り扱いを止めて欲しい旨の申し入れをしていたとか…。
多分利益云々だけの問題ではなく、そうしなければならない大人の事情もあったのだと思いますが、
メーカーから販売店に対して強制的に差し止めしたり、
それを理由に取引を停止したりすることは法律上難しい気がします。
実際、逆車を国内登録することが不可能ということは無いのかもしれません。

でも、可能不可能の問題ではなく、
その車輌を造った当のヤマハの意向を無視してそれを強行するのは、
なんだか自分本位というか、あまりに節操がない気がします。

逆車の購入を検討している人からすると、
「そんなこと言ったって去勢されたバージョンを敢えて選択するってのはどうなのよ」
という話に絶対になるでしょう。

逆輸入車…本来あるべき姿とも言えるフルパワー仕様が魅力的なのは誰にとっても多分同じだと思います。
ヤマハ自身も当然好き好んで「デチューン」しようとは思ってないはずです。
日本の規制における輸入車輌と国内認可車輌のダブルスタンダードという、
矛盾に満ちたお役所仕事の狭間で生じるこの問題は全くもって理解不能で許容しがたいものです。
でも、どんなに馬鹿馬鹿しくて意味の無い規制であっても、
それが決められたことである以上、企業活動においてコンプライアンスは当たり前です。

まだ公式発表も無い状況で、とやかく言うのはあまり意味がないですが、
不遇の条件下でもヤマハは相当なところまでやっている気がします。
まだ新型が発表になる前、海外サイトのVMAX関連記事で
「ヤマハ上層部の人間が日本のお役所に相当腹を立てていた」
みたいな話を見たことがあります。
VMAXを日本で送り出すためにその不遇の条件を変えるところから
相当な期間、相当な労力を注いでいたんだと思います。
もし本当に国内仕様が145馬力で登場するとしたら、
日本向けにそんなものが出てくること自体、それだけでも業界としては相当劇的な変化です。
ちなみに追随するかのように、カワサキがターボ付の大型二輪車を検討しているとかいう話ですが、
業界内のタブーをブレイクスルーする先駆けはこの新型VMAXになるんではないかと思います。

新型の開発が10年以上に渡って長引いた最大の原因は、
その中身の練り上げよりも寧ろ、本拠地日本で認可を得た最善の仕様を送り出すための
下地造りの時間だったんじゃないでしょうか?

開発者本人だってやっぱり自分でベストとした状態に近いモノに自国で乗りたいだろうし
日本のファンの期待を裏切りたくない気持ちは大前提としてあると思います。

前置きしますがここからはあくまで予想の話です。
ヤマハが意図してそういう「余地」を用意したのかどうかは、明らかになることは無いだろうし、
聞くだけ野暮ってもんですが、公式なメニューでは無いところで、
多分輸出仕様に近いレベルにカスタマイズ(オリジナライズ?)できることが予想されます。
しかも多分ポン付けに近い状態で簡単かつ安価に。
現時点では眉にツバ付けながら聞いていただいた方が良い類の話ですが、
現在耳に入る情報ではその可能性は「極めて高い」のではないかと思います。

もし仮にそんなポン付けフルパが可能だとした場合、
それでも逆輸入VMAXをヤマハの意思に反して敢えて買おうとする意味はどれほどあるのでしょうか?

価格についても多分国内仕様に対して極端に安い設定にはできない気がします。
寧ろ高くなる可能性の方が高いんじゃないでしょうか?
これまで聞いた噂ではもし逆車が登録できたとしたら
その価格は260万とか300万とかになるという話もありました。
ある程度のスケールメリットがある条件での話も含まれます。

円高の恩恵で車輌そのものを安く仕入れたとしても、
輸送費や現地および国内でかかる費用もそれなりに必要だし、
整備や保証など仮にヤマハが提供するのに近いアフターサービスを用意しようとすると
SSTやスキャンツールなどの設備投資はもちろん、それ用にメカニックの養成も必要かもしれません。

スペックも大差無くすることができ、しかも価格的なメリットも無いとなると、
後は単に「逆輸入車である」というステータスか、
ひょっとしたら国内仕様よりも若干早く納車されるかもしれない、
とかいうような、言わば「優越感」みたいな部分しか逆車の存在意義は無い気がします。

でも、それすら、
ヤマハに不利益をもたらすと知った上で逆車を手に入れて得られる優越感ってーのは、
正直あまり自慢できるようなモンではないんじゃないかと俺は思います。
それは単なるエゴって奴ですよね…。
理想論ではありますが、何をやるにしてもやはり基本はウィン・ウィンの関係が重要なのです。
いずれかが一方的な利益を享受するのでは必ず歪みが生じて来て、
結果として宜しくない方向へ進んでしまうものです。
ユーザーも販売店もメーカーも全てがハッピーになれるように努力や譲歩することが重要だと思います。

逆輸入車で商売しようとしている業者さんにとっては、
こんな話は冷や水を浴びせられるようで極めて不愉快でしょうが、
もしモラルみたいなものを持ち合わせていたら、なんかもうちょっと考えてみて欲しいのです。

逆輸入車を買おうと思っているユーザーの人も、
もしこの駄文をうっかり読んでしまったのなら、一瞬で良いので考えてみて欲しいのです。
アナタは単にVMAXというモノが欲しいだけでヤマハには特別な思い入れとかは何も無い、というのか、
それともVMAXを産んだヤマハというメーカーもひっくるめて魅力を感じるからVMAXが欲しいのか。
国内仕様と逆車は、多分性能的にもその差は埋められると思うし、
そもそもカスタムをする人だったりしたらストックの性能差というのはあまり意味が無いはず。
しかも補って余りあるメリットが国内仕様には付与される気がします。
(念のためですがその可能性について俺は一切保証はしません)

オバマ流に簡単に言うと「バイ・ジャパニーズ」なのです。
(逆車もジャパニーズですけどねw)

別に自分がすぐには買えないから、ひがみややっかみでこんな酔狂なマネをしているワケじゃーありません。
上手く言えないですが、ヤマハ、そしてVMAXには心から感謝をしているのです。
こんな愚にもつかないサイトですが、VMAXというどうにも人を魅了してやまない車輌を媒介として、
実にいろんな経験や様々な人達との交流の機会を与えてもらいました。
なんかその恩を返せるようなことをしたいなあと、漠然と考えていたところに、
なんだかヤマハには喜ばしくなさそうな妙~な動きを小耳に挟んだので、
こうしてガキみたいな青っちょろい文章をしたためている次第です。

今まで散々怪しいネタを流布させたり、時にはヤマハを批判したり、
揚句にあまつさえ自分でも逆輸入のお手伝いなんかをしたり(笑)して、
悪い子だったと反省とかもちょっとだけしてるのです。ちょっとだけですけどねw

国内仕様のスペックがどうだの、販売方法がどうだのと
いろんな意見や批判?はあるかもしれませんが、
とにかく俺はヤマハをとことん肯定することにしたのです。
「ついに奴はVMAXに入れ込み過ぎてトチ狂ってしまったか…」とか言われても肯定してみます。
とんだ勘違いをしてて、かえって迷惑かけてたりしたら考え直しますが・・・(笑)


しかし…こんな文章に3日も4日もかけちまいましたよ!
何度も書いては直すのを繰り返したので、
かなりまとまりのない感じになっちゃいましたが、じっくり考えた上での内容です。
こんな時間(0時半くらい)に珍しくシラフなのです。
いつもみたいに酔っ払った勢いで書いてるのとは違うのです!(笑)
日本GPの駐車券のことでカミサンに怒られてヤケになってる訳でもありません!・・・・orz

誰に頼まれた訳でもなく、なんとな~く今書かなきゃならない気がしたのです。
おかげさまで少なからぬ人たちに見てもらえている今だからこそ。
多分、来月日本で新型の発表が行われるまでが、この「俺流」の旬ですからね!(笑)
(別にネタが無くなってもサイト閉鎖したりするつもりは無いですが)

ということで、恐ろしく稚拙で、恐ろしく長い文章を
最後まで読んでいただいた方がいたら本当にありがとうございます。

以上、終わり!
さー酒飲んで寝よう。
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]