忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241
いやー、参った・・・。参りました・・・。
ちょっとした思い付きというか、勢いというか、
たまたまの行きがかり?で磐田に行ってきたんですが、
興奮しつつもちょっと後悔しています・・・。

だって・・・そもそも俺に買う機会が訪れるのかどうか・・・
それは宇宙の形を解明することと同じくらいの確率なのです。
いや、宇宙の形は意外とすぐ解明するかもしれないから、
別の例えで言うと、新首相が1年以内にまたバックれるくらいの・・・・
いや、それは可能性として議論したくないから、
えーと・・・、ウチの息子が「おかあさんといっしょ」に出演してしまうくらいの・・・・
あ、今度渋谷に撮影に行くんだった・・・(←さりげなく自慢)
えーと・・・そうですね・・・
晩酌のビールが350缶から500缶にグレードアップするのと同じくらい不可能に近いことなのです!
晩酌のスーパードライがエビスにグレードアップするのと同じくらい!
もてぎのパドックパスを手に入れるのと同じくらい!
住宅ローンを明日完済してしまうくらい!

あぁ・・・リアルすぎてなんだか生きるのが嫌になってきたからこの辺で・・・・orz

とにかく、現物のインパクトは強烈でした。
その非現実的なまでのカッコよさと、我が身の切ないくらいの現実との狭間で
精神的なデフレスパイラルに陥りそうなくらいでした。
・・・相変わらず意味不明ですみません。

ちょっとだけ真面目に書くと、
この車輌にはヤマハの開発者さんたちの「魂」を感じます。
それくらいの仕上がり、そして全てを計算されつくした美しさがあります。
rear01.jpg
↑このへんの角度から見たりしたら官能的ですらあります。

んでもってそのへんの外車とかとも違うのは
工業製品としての極めて高い精度を持ちつつそんな魂=スピリットを感じさせてしまうところ。
これで走りが面白かったら完璧すぎます。


てことで展示車輌ですが、もちろん触ったりエンジンかけたり跨ったりさせてもらえません。
でも今ならこんぐらい間近に見れます。
↓こんぐらい(笑)
duct.jpg
ちなみにこれは軽井沢に棲息する某ヨーダさんという人からの
「俺は穴という穴が大好きだから、とにかくあの穴をじっくり見てみたい」
という要望にお答えして我ながら馬鹿だなぁと思いつつ超接写したあの部分です。
ヨーダさんという人は穴があると何か入れたくなってしまう習性があるらしいので
展示ホールには出入り禁止した方が良さそうですね。
もちろんボクはマナーを守る男ですから入れるどころか触るなんてとんでもありません。
展示車輌のダクトにキズつけちゃったりしたら腹切ってもワビ入れられませんからね。
なんつっても職人さんの手磨きダクトですからね!
なお、俺が見たかった「鍵」は展示車輌には差さってません。当たり前ですね。

ちなみに近々この展示方法が変わるとか変わらないとか・・・・・。
展示期間は具体的に聞くの忘れました・・・。1ヶ月くらいやるんでしょうか?
行く前にコミュニケーションプラザに問い合わせてみたほうが良いでしょう。

ちなみにこんなのも行われたそうですね!
エンジンかけたりして・・・・羨ましいですね。
俺も行きたかったっす。



俺流と相互リンクしていただいているこちらのサイトでも動画と写真が掲載されてます。
http://vmax-nagoya.com/

あと、ヤマハに展示されてるとの情報をいただいた複数の方々、
今回の磐田行きに同行させてくださった素敵で惚れ惚れするぐらい男前な方々、
本当にありがとうございました!

興奮しすぎて疲れたので今日はいつもに増してバカな文章になってしまいました・・・。
寝たほうが良さそうだ・・・。

ということで撮ってきた写真とか動画は近いうちに掲載したいと思います。
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]