忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




浜松の匿名希望さまから情報提供をいただきました。
レッドバロン絡みとヤマハの中の人筋の情報です。

俺が変にまとめると失敗するので(笑)、そのまま引用させていただきます。

(以下引用)
浜松のレッドバロンで新型VMAXの予約について今日聞いてみたのですが、
今まで聞いていた内容とニュアンスが異なっていました。
国内仕様の販売が不明の段階で、レッドバロンが海外仕様を手配してしまい、
国内仕様が発表されて在庫を抱えないように年内に完売を目指しているものと
勝手に思っていたのですが、その切迫感は有りませんでした。

確かに店内にはNew VMAXの記事が貼ってあり、
応対スタッフ自身もレッドバロン自体も是非売りたいバイクだとは言っていましたが、
あくまで販売時期・価格未定での予約であり、予約者名を貰ってから注文生産の手配を掛けるとのことでした。
レッドバロンの在庫リスクは無さそうです)

同時に、国内での逆車認可が取れずに、海外仕様輸入の断念も有り得るそうです。
手渡し時期は年内は絶望的で来年のゴールデンウィーク明け、価格は240万円から260万円程度とのこと。

輸入対象仕様地域は騒音規制からEU仕様は無理、南ア仕様は目処なし、
北米仕様のみの見込みでエンブレムは音叉ではなくスターになるとのこと。
国内仕様が出る事はほぼ確実とみているが、出たらもちろん国内仕様も販売するとのこと。

また、生産ラインの人からの情報としては以下がありました。
・重い
完成車を押し出す時に今まで経験のないような重さを感じるそうです。
・威圧的
車格も重量もパワーも優等生的ではなく、「かかってこい」と言わんばかりの存在感とのこと。
これでは役所を相当刺激する事は当然と思ってしまうとのこと。
また、購入希望者は貯金と合わせて、本気で体力作りが必須とのこと。
・実車の質感は相当高い
俺流さんはヤマハの本社で実車を見られているのでご存じとは思いますが、
生産現場での指示内容も相当に気を使った厳しい品質基準らしいです。

(引用ここまで!)

いやー、かなりの詳しい情報をいただいて想像力だけは豊かな俺は興奮すらしてしまいます。
匿名希望さん、ありがとうございます!!!
最近こういった情報提供がかなり増えてきて、北島風に言うとチョー嬉しいのです。
こういう情報は俺だけで楽しむのは勿体無いので可及的速やかにアップしてしまうのです。
ちょっと慣れない横文字で言うとASAPでアップしちゃうのです。
ちなみに今回の匿名希望さんの情報提供は、9/22の23:25にメールいただいたばかり。
(これ書いてるちょうど1時間半前ですね)
「引用の際は匿名希望」と明記していただいてたので見て即座にアップさせてもらっちまいました。
しかもかなり突っ込んだとこまで情報を引き出していただいて、ほんとーにありがとうございます。

それにしてもレッドバロン・・・・引き気味ですねぇ~・・・・。予想以上に・・・。
まぁまだ実車も無い状態ですからこれ以上どうにもならないのでしょうが、
完全に様子見状態に入ってると思われますね。
ただ、過去の実績から言ってもフルパワー逆車ルートの最有力はやっぱりレッドバロンでしょうから
ぜひとも頑張って欲しいところです。

でもレッドバロンほどのスケールメリットを以ってしても、
最近の並行輸入は相当厳しくなってるみたいですね。
ちょっと興味が沸いたので調べてみたんですが、
排ガス検査やブレーキ検査で、100万円以上の費用がかかるとかなんとか。
その辺の規制は90年代後半からみたいで
なんやかやとそういう名目で正規ルート以外での輸入を制限している気配が感じられます。

でも何か裏道的なやり方があったりするんですかね?
知ってる人がいればぜひ教えてください。

それにしても調べれば調べるほど「お役所陰謀説」が見えてきて・・・・
あーー!!!! またなんかムカついてきた!! ムカついてきたーーー!!!
くそ!明日休みだし飲んでやる!(←こうやっていつも自爆するんですよねー・・・)
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]