忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




忙しいながらもMotoGPの2008シーズンが気になる今日この頃。
RIDING SPORT 3月号」とかを読んで、期待に股間・・・じゃなくて胸を膨らませております。
最新号ではYZR-M1とRC212Vの記事とかポスターとかも付いてるんですが、
GP観戦ド素人の俺でもかなり楽しめる号でした。

2008年シーズンのヤマハ・ワークスマシンの注目のひとつは
やっぱり「ニューマチックバルブ」。
従来のコイルスプリングに代わって、圧搾空気でバルブを押し上げる方式。
市販車輌でもドゥカティ以外はほとんど全てのバイクが採用している
コイルスプリングでは、当然ですが高回転と低回転でバネレートは変えられないので
高回転に合わせて硬めに設定したら低回転の時には無駄な力を必要とするし、
低回転時のパワーロスを減らすために軟らかくしたら
今度は高回転時に、バルブの動きについて行けずに
バルブジャンプなどの弊害が出てしまうとか。

新兵器「ニューマチックバルブ」は、高圧ガスの圧力を変化させて、
回転数に応じてバルブを押し上げる力(バネレートに当たる)を変化できるという代物。
低回転では軟らかめにしてパワーロスを減らしつつ、
高回転では硬めにして高い回転数まで回せるエンジンにできる、と。

2007年はレギュレーション変更で
それまでの990ccから800ccに約2割排気量がダウンしたこともあり、
その分のパワーダウンを2割分最高回転数を上げることでカバーしようと
ヤマハもテスト走行などで導入し始めていたニューマチックバルブ。
不具合があったりとかで本格的な実戦投入は2008シーズンのようです。
これによって既に2万回転に達しているドゥカティGP8に比肩、いや超えることができるのか?
どーーーだろーーー・・・。
とりあえず先週のセパン合同テストでは良い感触が得られているようです。
(明日からのフィリップアイランドにはヤマハワークスは参加しないみたいですね)

まぁでも、なんだかんだ言いつつこういう新技術というのは興味深いものです。
(ニューマチックバルブ自体はF1が発祥で、かなり前から使われてたそうですが)
(更に言うとスズキやカワサキは確か既に実戦投入してるはず)
2008年から市販品が発売されているOHLINSのツインチューブサスペンション(TTXシリーズ)
もそうですが、レースで培われた技術は市販車輌へフィードバックされる可能性も高いですからね。
アナログのが好きだとか偉そうなこといいつつ
俺も男の子?ですからこういう新しいものも好きなんですよね。
自分で言うのも何だけど支離滅裂ですな。

でもニューマチックバルブの市販化はどうにも難しそうですね。
要である圧搾空気は充填されたボンベで供給されてるようなので
市販車でいちいちカートリッジ交換させる訳にもいかないだろうし、
万一空になったらバルブが機能しなくなっちゃうし、
かといってカーエアコンみたいなコンプレッサーをバイクに付ける訳にもいかないし!
充填なしで走れる範囲の短距離のレース専用な気がします。

ちなみにドゥカティの場合、バルブスプリングは存在しません。
デスモドローミックと呼ばれる機構によって
バルブの押し下げと押し上げそれぞれのロッカーアームを採用しており、
強制的にバルブの開閉を行なっているんですねぇ~。
これによってデスモセディチGP7は
低回転時のロスもなく、2万回転の高回転域まで回せるエンジンになってるとか。
確かにスタートダッシュの素晴らしさやコーナーの立ち上がりはもちろん、
ストレートでの高速の伸びも他メーカーとは一線を画していますよね。

(ハッ!いかん・・・いつのまにかまたドゥカティの話になっとる・・・)

え~と・・・・・んとんと、あのその、
青山ヒロシ選手のインタビューとかも面白かったですよ。
ぜひ2008年はいい成績残して最高峰クラスに参戦して欲しいものです。
昨シーズンもMotoGPクラスのサテライトチームからオファーはあったけど、
ファクトリーチームでの参戦に拘って250ccに残留したとか。
男ですねぇ~。好きですよ、こういう人。
ぜひヤマハワークスで走って欲しいもんです。
そうすっと外されるのはJロレンゾか・・・?

あ~ちなみに、最近良くこういう知ったようなクチをきいてますが、
個人的なお勉強用に雑誌とかで読んだ知識をおさらいしてるだけなので
間違い勘違いや大嘘も多数含まれてると思います。
もしコレを読んでもそのまんま鵜呑みせずに騙されないように気をつけてください(笑)
小学校の研究発表みたいな感じで、こうやって書くといくらか理解が深まる気がするんですよね。
(気がしてるだけでちっとも理解してないけど)
そして識者の皆様は笑って聞き流して(読み流し?)おいてください・・・・。

あー今日もまた無駄に長く書いたもんだ。
そもそも短くしようとしてないしな。
さて、今夜は「重要事項説明書」読まなきゃ・・・。

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]