忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [113]  [114]  [112]  [111]  [110

新年あけましておめでとうございます。
(元日のは偽新年メッセージなので一応あらためて、ご挨拶させていただきます)

さて、タイトルはやや大げさすぎですが、
例の新型VMAXのティザーサイト「NEED6.COM」がアップデートされてました。
まぁ既に見ている人も多いとは思いますが、
相変わらず新型の情報は皆無なんですけど、
V・ロッシのインタビューとかはちょっと興味深いです。
NEED6=「加速(acceleration)への欲求」について語ってる訳ですが、
「加速感はバイクの最大の魅力のひとつだ」とか言ってるようです。
「それはオネーチャンが目の前でスッポンポンになっちゃったのと同じくらいエキサイティングだ」
とも言ってます(笑)
ちなみにインタビュー動画もあります。
動画では先代VMAXに手を置きながら、ロッシが
ビッグパワーを有したバイクの加速について語ってますね。

新型VMAXのプロモーションにロッシが出てきたことが、
まず個人的にはちょっと嬉しかったりします。
そしてヤマハの気合の入れ具合も伺えます。
ロッシの出演料は相当高いはず。(レースの契約とコミコミなのかな・・・?)
MotoGPのレース開催に合わせて
ロッシと絡めた新型VMAXのデビューを派手にやって欲しいなぁ・・・。
例のロッシ親子のTVCMでもVMAXが出てるし、
敢えてやっているのか、VMAX~ロッシつながりが気になります。

しかし、ティザーサイト(ティザーキャンペーン)ちゅうのは、こんな感じで
商品自体の情報をなかなか出さずに商品イメージや抽象的・間接的な表現を使って
商品への渇望感を煽る広告手法らしいです。
同時にイライラ感も相当煽ることになるので、扱いの難しいやり方ではありますが、
こんな感じでこまめに(全然こまめじゃねぇ!)更新してくれるといいんですけどね。

さて、その他の情報ですが、
FZ1はまだヤマハ国内のラインナップには入っていませんね。
でも月刊オートバイ2月号にもFZ1国内販売についての記事が載ってたので
ほぼ確定と観ていいんじゃないでしょうか。
ちなみに同誌によると、国内向けFZ1は100馬力程度(輸出仕様は150HP)にデチューンされて、
マフラーも国内規制に適合した仕様になるんじゃないか、ということでした。
新型VMAXも同じような路を辿ることになるんでしょうかねぇ・・・。

しかし、FZ1の国内仕様100馬力てのも「国内では必要十分」とかいう理由は付けるでしょうが
未だに馬力自主規制の枠から逃れられないんですかねぇ・・・。
まぁまだどうなるかわかんないですけどね。

ちなみにNYで激写予定?だったポールからは何の連絡もありません・・・。

ということで今年も宜しくお願いします。


実は新年早々親戚に不幸があって、かなり気分が滅入っているのです・・・。
病気だったんですが自分より若い人が亡くなるのはホントに切ない。
本人はもちろん遺された家族のことを思うと・・・。

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]