忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




久しぶりにネタ探ししてたら
新情報って感じでもないんですが、
新型VMAXの記事があったので超訳(注:超適当訳の略)してみた。

>>Hell For Leather(元ネタがあったサイト)
>>元ネタページ(2008/2/5の記事)*元ネタの元ネタ

新型VMAXのオフィシャルな情報はいまだはっきりしたものは無いが、
UKヤマハ(英国)のマーケティングマネージャーSimon Beltonはこうコメントした。
「新型VMAXをビジネスとして成功させるには200馬力オーバーのモンスターにする必要がある」
また同時に次のように指摘した。
「2009年に予定されている新型VMAXは、開発が棚上げ?状態になっているようだ。
その理由は排ガス規制対策と訴訟に弱腰な日本の企業体質によるもの」
このコメントを裏付けるかのように、ヤマハJAPANは沈黙を保っている。
しかし、Belton氏はこう付け加えた。
「多分新型VMAXは、まばたきしてる間に0-100km/h加速しますよ」

しかし、もしそのような噂や憶測が正しければ、
新型VMAXは、高性能だが非常に高価なモデルとして限定販売されることになるかもしれない。
それは
ドゥカティのデスモセディチRR
(注:世界で1500台の限定生産。1台825万円!の公道を走れるMotoGPレーサーリアルレプリカ)
のライバルとなるようなとんでもないドラッグスタイルマシンとなるかもしれない。
また、それを皮切りに、欧州と日本のメーカーによるパワーウォーズが勃発するかもしれない。
我々はそれは大歓迎だ。

うーん・・・、新型VMAXは
デスモセディチRRみたいな限られた人たちのためのモデルになってしまうのか・・・?
いやーでも日本の販売店には既に連絡が行ってるようなので
国内仕様の発売は間違い無さそうだし、あんまり考えられない気がする。
まぁそれなりに「高い」だろうことは容易に想像つくけど・・・・。
いずれにしろ海外ブランチからこんな話が出るくらいですから
相当ヤマハが苦労しているであろうことは伺えます。

上のはかなり直訳っぽくしちゃったので分かりにくいですが、
開発の遅れの主要因は規制への対応とかの政治的?な問題っぽいですね。
元ネタも元ネタページも見てみるとそんなニュアンスも書いてあります。
「新型VMAXプロジェクトのお偉いさんが、お役所?とのやり取りで相当怒り狂っていた」

とかなんとか・・・・。
(かなり適当に訳してるんで間違ってたらすみません)

まーどうせオレは当面買えないから
お金貯まるまでじっくり開発しててくれてもいいんだけどさ(笑)
あっ!でも宝くじとか当たっちゃうかもしんないからな~。やっぱり困るかもなー。
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]