忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [271]  [272]  [270]  [269]  [268]  [267

(注)これは結構事実に基づいてはいますが、
脚色とかも加えた、ややフィクショナルなお話です。十分ご承知おきください。


タチの悪い女に引っかかってしまったようなものかもしれません・・・。

「2000年に2000cc、200ps、200万円で発売されるらしい」
という噂(今考えればそれなりに当たっていたのかもしれない)に惑わされ始めて
それ以来10年近く、新型の情報を渇望し続けてきました。

奇しくも俺が先代VMAXを泣く泣く手放した2005年の秋、
東京モーターショーで突如プロトタイプの展示が出現してからは
その打ちひしがれていたタイミングも手伝って一気にヒートアップしました。

2007年のモーターショーでのオブジェ展示も当然見に観察しに行き、
それからは自分でもどうかしちゃったんじゃないかと思うくらいに様々な情報を漁りました。
「いつ発売されるのか?」「どんなスペックなのか?」「いったいいくらするのか?」
特許の図面とかまで漁っちゃってました(笑)

それはそう、一昔前の小中学生が女性の裸に憧れて、
公園に捨ててあるしわくちゃでページがくっついちゃったエロ本を
友達と木の枝でペラペラめくっては
「おぉー」とか感嘆の声を上げているような・・・・
(最近の小中学生はそんなことしないだろうなぁ・・・・ネットもあるし)
そんな禁断の果実を味わうような喜びみたいなものすら感じてました。

あれ?なんか話の方向性がずれて来たかも・・・。

そんなこんなで悶々としているところへ
遂に今年6月に新型VMAXが発表されたのです。

今まで想像するしかなかった物が、現実の物として目の前に現れたんですからもう大変です。

それはそう、
18歳になって公然とエロ本を立ち読みしたり、
ビデオ屋さんで宇宙企画とかのビデオを借りたりできるようになったようなもんです。
(ちょっと・・・いや、だいぶ違うか)

興味の対象は、より具体的な
「この機構はどんな働きをするのか?」とか「現物の質感やデザインはどうか?」
「写真じゃ良く見えないここんところはどうなってるのか?」
といったマニアックな方向性に進み始めます。

それはまさに、
塗りつぶされたあの部分やモザイクの向こう側への憧れに近いかもしれません・・・・!
(そろそろしつこいですかね・・・?)

そしてさらに症状が進行すると
ネットや雑誌でしか触れることができない情報では
満足ができなくなってきます。

そうこうしていたら、なんと! いろんな人のお陰さまで
9月に磐田のヤマハ本社で実物にお目にかかり
しかも現物に触れる機会まで得ることができちゃったりしたもんだから、
もう大変です。

えーと・・・そうですね。
生身の女性と、AとかBまではできたけど、Cは寸止め、みたいな状態です(笑)


こうなるともう若さ(?)ゆえの情熱はパッションして、

「今度は乗ってみたい!」(←もちろん女性ではなくて新型VMAXの話です)

という気持ちがボルケーノのように噴出してくるわけです。

忌野清志郎ばりに
「バッテリー(だけ)はビンビンだぜ!」
状態なわけです。


磐田に実車を見に行った帰り道のこと。
VMAX取材とはまた違う用件で俺と同様に便乗?していたHさんと
「とにかく乗ってみたい!」
「あれで走ってみたい!」
と、延々東京までの2時間半をそんな話ばかりしてました。
(BornBikersWEBのOさんはクールに爆睡されてましたがw)


Hさんも勿論バイクに乗る人なんですが、
「どうしたら乗れるかなぁ?」
「乗るならやっぱりフルパワーに乗ってみたいねー」
と、二人の話はあらぬ方向へ向かっていくのです。

国内仕様がいつ登場してどんな仕様になるかは判りませんが、

「規制対策というお役所によるくだらない制限が入る前の
《技術者が最適と判断したスペック》の車輌に乗ってみたい」

という気持ちはやっぱり出てきてしまうのです。

特にそれがVMAXの場合は尚更・・・。

ちなみにHさんはレッドバロンで予約も入れている人だったりするんですが、
正直言ってその線は全くどうなるか見込みも立たない状態です。
国内仕様の話が出回り始めてからは、より一層動きが見えないのです。

レッドバロンじゃなくても
いずれはどこかの業者さんが逆輸入することになると思われますが、
そんなのいつになるか判らないし、国内仕様の方もどうなるか判らないし。

とにかくヤマハからの帰り道、
俺はそんなの待ってられないくらい、
「一刻も早くあのVMAXに乗ってみたい」気持ちだったのです。

それはHさんも同じだったようで
「じゃぁ個人で逆輸入できないもんかね?」
「国内仕様も発表になる前にさ、
アメリカでのデリバリー開始と同時に航空便で持ってきちゃったら面白いよね」
とかいう話をなんとなく始めたのです。


正直、その時は半分冗談みたいなモンでしたが、
その後、ある依頼をきっかけに
更に話は具体的になり、のめり込んで行くことになるのです。


それは、Hさんが知り合いから受けた、
「アメリカで予約だけしたまま帰国しちゃったんだけど
日本に持って来る方法ってないかな?」
という相談でした。
 

・・・・つづく!(かもしれない。・・・余力があれば)


これは半リアルタイムに進行するストーリー・・・になるかもしれません(笑)
さて、どうなることか・・・・。

(例え話がおバカなものしか思い浮かばなくてすみませんでした・・・)


とりあえずつづき(第2回)へ

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]