忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
本屋でヤングマシン7月号を立ち読みしました。
>>ヤングマシン7月号
スズキB-KINGの最終市販バージョンをフランスで激写!みたいな記事の奴です。

ヤングマシンの新車スクープの常で結局のところ詳細は不明なんですが、
GSX-R1000にも付いているS-DMSみたいなものがどうも目玉らしいですね~。
GSX-RのS-DMS(SUZUKI DRIVE MODE SELECTOR)」は
ハンドルについているスイッチでエンジン特性を
フルパワー、中低速抑え目、全域抑え目(だったかな?)という3段階に切り替えられる
というフュエルインジェクションならではの機構ですが、
B-KINGのモノはタンク上に切替スイッチが設置され、
メーター周りの多機能液晶ディスプレイを見ながら何かしらの操作をするみたいです。
しかしなんだか01年のコンセプトモデルのイメージだけ無理やり持ってきた感が拭えない・・・。
そんな機械仕掛け欲しい人いるのかなー・・・?
モードによっては隼を超える175馬力オーバーだ!みたいなこと書いてあったけど
そもそもGSX-RのS-DMSもやりすぎなフルパワーに慣れるまでの段階的なモノとして
パワーを押さえる選択肢を用意したような感じだし。(違ってたらすんません)
うーん疑問だ・・・。

個人的な感想としてはB-KINGはなんだかガンダムちっくというか、キワモノ色が強すぎる。
まぁ例の新型V-MAXオブジェのキワモノ度も相当なもんだけど(笑)
スズキよりヤマハの方がセンスは良いかな、と思う。
でもスズキ好きな人はそのキワモノ的な魅力にヤられるんでしょう・・・。
リトラクタブルヘッドライトのⅢ型カタナとか、隼のぬめぬめ感とか、
VOLTYとかSW-1のすさまじいデザインとか、他のメーカーにはないセンスはまさに鈴菌・・・。
B-KINGも間違いなく鈴菌感染力は200%超でしょう。
嫌いじゃないけど買わないかな・・・。(買えないし)

同じ7月号には三宅島を走る特集もあってそっちの方が個人的には興味深かった。
というか郷愁にそそられる、という意味で・・・。
三宅島行きたいなぁ。レースは見送りっぽいし。
PR



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]