忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[416]  [415]  [414]  [412]  [411]  [410]  [409]  [408]  [407]  [406]  [405
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




先日のVMAX飲み会にも参加された名古屋56号さんより面白いデータをもらいました。
これは当日のレポートに直接関係ないと思うので、いち早く情報を公開しときます。

東京にVMAXで来たついでに、某所にてダイノマシン計測をされてきたそうなのですが
実に興味深いデータが出てきました。
これです。

データ提供:名古屋56号さん

graph.jpg

計測結果は、
(1)日本仕様フルノーマル
(2)日本仕様サイレンサー無し(チャンバーのみ装着)
の2パターン。

表中の上の2本がトルクカーブ、下の2本がパワー(馬力)カーブ、
赤系がノーマル、青系がサイレンサー無し、です。

サイレンサーを取っ払った状態
NOsilencer.jpg

グラフから読み取った数値なので誤差はあるかもしれませんが、

(1)日本仕様フルノーマル
147PS、トルク14.4kg・m

(2)日本仕様サイレンサー無し(チャンバーのみ装着)
152PS、トルク15.1kg・m

と、おおよそこんな感じになってるようです。

俺も素人なのでその辺差し引いて読んで欲しいと思いますが、
まず驚かされるのが、後軸計測にも関わらず
カタログスペックのエンジン出力である
151PS/15.1kgf・mにかなり近い数値が出ていること。

普通エンジン出力と後軸出力の比較をすると、
駆動系などのロスにより、結構差が出てしまうもんだと思ってました。

実際に海外のサイトによると、輸出仕様のVMAXは、
エンジン出力200PSに対し、後軸計測では177PSとかだったはずです。
単純計算で-11.5%のロスが発生している、と。

それが、今回の計測ではフルノーマルでも単純計算でのロス率は、
151ps→147psで、-4ps=-2.6%ですよ!

個人的にはそこでまず驚かされました。
噂の歯研の成果ですかね?(笑)
さすがにギヤのバフがけだけではそこまで変わらない気もしますが、
実際にロスが少ないのか、カタログ数値が●●●●なのか(笑)は判りませんけど
実測で出た数値なので誤差を踏まえても、かなり興味深い数字なんじゃないでしょうか?

さらに興味深いのは、サイレンサーを外した数字。
名古屋56号さんの注釈によると、
「これがスリップオンマフラーの基準(目標)値みたいな感じになるのでは?」
とのことですが、
立ち上がりこそ若干ノーマルに劣るものの、
特に4000~6000rpm辺りのトルクの盛り上がりが凄まじいですねー。
よく出来たスリップオンが出てきたら、それだけでトルクアップできそうです。
デザイン変えたくない人も多いと思うので理想は輸出用ですけどねー。高いですよねー・・・。

しかし同時にネガティブな想像もしてしまいました。

サイレンサー部の有無で、思ったほど馬力の差が出ていないことから、
チャンバーでの排圧コントロールの影響力がかなり強いのでは・・・・とか思ってしまった訳です。
まぁそもそもチャンバーの役割を考えると当たり前なのかもしれませんが、
サイレンサーをヌケの良いものにすれば、もうちょっと行けるのではないかと思ってました。

大差無いのはECUのマッピングによる押さえ込みかもしれませんが、
やはりフルパワー化を目指す場合、チャンバーの対策は必須になりそうですね。
チャンバーも輸出用が安価で手に入ればベストなんですが、
安価っつっても中古でもそれなりのお値段はすると思われるので、
最小限のモディファイとかで済めばベストなんですけどね。

いずれにしろ、法令順守の姿勢にてお願いします(笑)


さて、そのフルパワー化のお話ですが、
クリアすべき3大ポイント(ECU、チャンバー、サイレンサー)の中で
最大の難関と思われたECUの解決策に、ほぼ目処が立ったようです。

まだクリアすべき課題はありますが、
ECU単体では文句なしの解決と言っていいはずです。

理論上?は200PS+α仕様ECUになる(はず)の
その興味深い内容については次回のお楽しみです!

(注)
本ECUの件については、VMAX飲み会にてメーカーサイドから聞き出した内容ではありません。
(そんな話が出てくるはずがありません!)
誤解を招く表現がありましたことをお詫び申し上げます。
詳細は追って説明しますが、
とある個人の情報提供者さんから「飲み会前」に教えていただいたものであり、
当然ながらメーカー公認の方法などではないですし、
知識の無い方が真似をするとエンジンが壊れる恐れがあるかもしれません。
ご注意下さい。

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]