忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[11]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
今日はブランデー(頂き物)を嘗めつつ。(つまみはスルメ…)
なんだか忙しくて、パソコンご無沙汰してました。

昨日こんなスピーカーを買ったんだが、小さいくせになかなか良い。
小型のアンプ付きスピーカーみたいのは前にも使ってたんだけどそれより断然音がいい。
独身の頃、JBLのでっかいスピーカーヤマハのアンププレーヤー(通称:ヤマハ3号)を繋いで悦に入ってたんだが、それには及ばないものの、このサイズ、この価格で聴ける音としては納得の範囲。
(JBL&ヤマハ3号のセットはとにかくでかいので嫁から邪魔者扱いされて、物置で埃かぶってます)
高音がすばらしいのでJAZZ(ピアノとかトランペット)やクラシックに特に向いてる気がする。
村治佳織も相性が良い感じ。
しかし、早速子供にコーンの真ん中部分潰された…。

それはさておき、前回の続きです。
欧米ではどんな車種が売れるのか?
そこから新型V-MAXの仕様を勝手に想像します。

1) とにかくでっかくてインパクトのあるもの(アメリカ)
2)MotoGPなどで使われている最新技術を導入(欧州)
3)ハイパワー&ショートホイールベースなStreet Fighter系(欧州)
4)和の要素(米、欧共通)
かなり勝手な解釈も入ってますが、こんな感じですかね…?

1)は現行型開発時のコンセプトと同じ
2)は、各社の600SS系が売れていることから
3)MT-01とかトラのSpeedTripleとかBuellとか
4)特に欧州では日本文化が改めて注目されてるそうです

そんなこんなで、新型V-MAXは希望も含めてこんな感じ?
■排気量は1800cc、馬力は170ps位。
この辺は他も行くとこまで行ってるから無茶しない気がする。
あまり競い合っても仕方ないので現実的(?)な線で。

■車体はあのコンセプトオブジェのまま。
あれに市販車装備とか付けたら普通にカッコイイと思う。
まぁいくらか現実的なデザインはなる気がしますが、
希望としてはマフラーが小振りすぎるのが気になる。
和の要素として、MT-01でやってた「鼓動」みたいなコピーは使いそう。
現行型は「魔神 Machine」でしたね。なんだろ?
「大魔神 Die Machine」か? 死んじゃまずいよなぁ…

■燃料タンクは20Lレベルに
これはかなり希望優先で、なんの根拠も無いですが…。
Buellみたいにフレームの中に入れちゃったりして…。

YCC-TYCC-S、EX-UP、トラクションコントロールなどの最新装備を導入
あり余るパワーをコントロールする要素として、ヤマハは絶対この辺を入れてくると思うんですよね。モーターショーでもGENICHやらGENESISをやけに強調してた気がするし。確かにすごいけど電子系コテコテってのはどうも気になるなぁ…。。

■なんらかの加給機的システムを導入
V-BOOSTは無いにしても、味付けとしてこの辺の要素は絶対入れてくると思うんですよね。ただの大排気量、大馬力、最新装備じゃV-MAXとは呼べない!ターボやスーパーチャージャーは難しいかもしれないが、左右ダクトを利用したラム圧加給とか、可変バルブタイミングとか可変排気量とか…・。絶対なんか付いてるはず!というか付けてください。スイッチ押すと「ドッカン!」みたいのとか、こんな感じでクリクリッといじるとなんだかすごいことになったり。

rear_right01.jpgvm03Dscf0081.jpg

air_scoop.jpg

 






 

すみません…。また飲みすぎたようなのでこの辺で…。
妄想は10月の発表まで続きます。

PR



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]