忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274

昨晩酔っ払って書いた内容を朝になって読み返してみたら、
あまりに稚拙で解りにくかったので、
クリアになった(二日酔いの)アタマで補足訂正しときます。

「バイク乗りやバイク好きの人はもっと周囲にアピールするべきだ」、
みたいなことを書きましたが、
結局のところ何が言いたかったかというと

これまで引きずって来たバイクについての負のイメージを払拭しなければ、
世間や自分の周囲からの風当たりも冷たい?ままだろうし、
そうなると厳しい駐禁や少ない駐輪場とかをはじめとしたバイクを乗るための環境も向上しない、
市場も広がらなければメーカーの意欲も行き場を失い、
ひいては本当に面白い車輌がそれを生み出した母国日本でだけ乗れない、
というような矛盾した現状は変わらないんではないか?

・・・と
なんかそんなようなことを夕べの俺は言いたかったんだと思います(笑)

多分日本でバイクに乗らない人のバイクへのイメージは、
「バイクは車輌代や維持費が安い過激な乗り物であり、
お金の無い若者が車の代わりに、単に刺激を求めるための乗るオモチャに過ぎない」
みたいなのがあると思うんですが、
そうじゃないんだ!、と。

「バイクというのはそんなに安っぽいモンではなく、
人生に刺激とモチベーションを与える、余裕ある大人のための嗜好品なのだ」
という方向へと脱却させなきゃならないんだ、と。

そのために
「バイク乗りはそれを体現して周囲に知らしめなければならない」
というようなことを夕べの俺は言いたかった訳です。多分。

アメリカの小浜さんが5ドル、10ドルの献金を集めて
草の根の選挙活動で勝利したように、
バイクを趣味とする大人ひとり一人が動くことで、
周囲の目を変えて行かなければならないのです!

そのためには、
1.バイクが楽しいものだと周囲にアピールすること
2.自分のオナニーのために無意味に爆音撒き散らしたり、迷惑な走りとかをしないこと
とかそんなことから始めなければいけないんじゃないか、と。

あなたが変わらなければ、この二輪車不遇の状況は変わらないのです!

YOU CAN CHANGE! WE CAN CHANGE!!

…すみません…取り乱しました…。
まだお酒抜けてないんかもしれないですね。
偉そうなこと言ってすみませんでした。

PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]