忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[545]  [544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535
(11/30 遺族の方の希望により一部修正しました)

2009年5月25日の当ブログにてインプレッションを紹介させていただいた
19歳の新型VMAXオーナー、PNクダンさんが、先週事故で亡くなられたとのことです。

PNクダンさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

彼の喜びと感動が溢れるインプレッションを記憶されている方も多いのではないかと思います。
皆さんの記憶に彼の存在が残り、共にご冥福をお祈りいただくことができればと思い、
ここにご家族のご了承をいただいた上で紹介させていただきました。

彼と直接の面識はありませんが、
あまりに若すぎる彼の死には、言葉もありません。

私の方が彼よりも半年近くも遅くVMAXオーナーとなった訳ですが、
19歳の彼に「書類に判子を捺す勇気」と言われたことは
少なからず私の購入動機に影響しています。
他にもそのような方がいるかもしれませんね。

同じVMAXのオーナーとして、彼の死は残念でなりません。

ご家族のお話によると、事故は朝の通勤時間帯に起きた典型的な「右直事故」で、
対向右折車(中型トラック)の過失によるものであることが
複数の目撃証言や付近のビデオなどからも立証され、加害者は既に逮捕されたとのことです。

今回は明白な証言、証拠があったため、
不幸中の幸いでこのような結果となりましたが、
加害者は逮捕の直前まで偽証をしていたそうで、

→11/30 遺族の方より訂正のご要望がありました
「偽証していた訳では無く、過失は無いと思い込んでいた・・・」
というのが事実とのこと。

時刻や場所などの状況によっては「死人に口無し」の結果で、
加害者が無罪放免されるどころか、
被害者側の過失による事故として処理をされてもおかしくない状況だったのではないかと思います。

その点ではご家族も安堵されていました。

先日お会いしたVMAXオーナーのTさんは、
お仕事で事故現場の検証をされるそうなのですが、
そういった「死人に口無し」のケースを嫌になるほど目の当たりにしていると言っていました。
それ故に、TさんのVMAXにはドライブレコーダーが装着され、
ヒットエアー(二輪用エアバッグ)などの装備にも余念がありません。
安全対策への考え方を深く考えさせられる一台でした。


一般道路でオートバイに乗る以上、事故の可能性は絶対に捨て切れません。

随分前にも書いたことがありますが、
どんなに技術に優れ、経験を積んだライダーであっても、
100%事故に遭わないという自信はあり得ません。
常に「公道では周囲の全ての物が自分を殺そうとしている」くらいの意識で
乗らなければならないと私は思っています。

それでも彼の場合がそうであったように、
無謀運転の加害者による事故を100%避けることは不可能だと思います。
でも限りなく100%に近づけることはできるのではないかと思っています。

どうか二度とこのような不幸な事故が起きないように、
皆さんも過剰なまでに注意を払った運転を心がけていただければと思います。
偉そうなことを書いてすみません。

家族や友人、周りの人を悲しませることが絶対に無い様にしましょう・・・・
それはバイクに乗る人の使命です。

クダンさんのご家族は、WEB上で彼の痕跡を求めるうちに、
当ブログに辿り着かれたとおっしゃっていました。
いつもバカなことばかり書いているブログですが、
そんな役割のようなものを持てたことを嬉しく思っています。
ですが、そのような話はもう聞きたくありません・・・。

最後に改めまして、PNクダンさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
クダンさん、どうか安らかにお眠りください・・・・。
PR



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご冥福をお祈りします
何とまぁ、その若さでですか、ご本人は勿論、ご家族も大変無念だと思います。
事故は加害者になっても被害者になっても、どちらも皆さんやご家族の人生に多大な影響を与えます。
俺流さんのブログの訪問者の方々には「俺には全く関係無い話だ。」とお考えの方は居らっしゃらないと理解しておりますが、時々「いつか事故に遭うかも。」と言う意識を持って頂ければありがたいと、勝手ながら願っております。
2009/11/26(Thu)12:22:07 編集
無題
同じVMaxが、バイクが好きな人間としてとても悔しい思いです。
バイク乗りとしていつでも起こり得る事ですが、忘れがちになってしまう警戒心を呼び起こされました。
クダンさんのご冥福をお祈り申し上げます。
れも 2009/11/26(Thu)13:30:34 編集
残念です。。
関西在住の私にとって、彼の記事はすごく印象に残っています、彼が記述に残していた生駒は私の行きつけの喫茶店があり 新型に遭遇したら声をかけて、うまい珈琲をすすりながら話を聞してみよう、年齢など関係無しに絶対に話が弾むはずだ! なんて密かに思っておりました。。

若いながらも安全に配慮する姿勢、ここをご覧になられている方々の中でも彼のような装備を実施されている方は少ないでしょう、とても立派だと思います。 

俺さんも言われてますが、みなさん もう一度安全について、考えてみましょう。

ご家族の方が、彼のネットでの痕跡を辿られているお姿。。想像しただけで涙が出ます、、また、想像してみてください。。どんなお気持ちで俺さんにメールをされたのか。。。

偉そうな書き込み申し訳ありません。

最後になりましたが、クダンさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



F 2009/11/26(Thu)15:14:26 編集
クダンさんのご冥福お祈りいたします。
私も今年9月にVMAXを購入しましたが、納車までの1ヶ月間は俺流さんのブログを毎日のように見て、VMAXの色んな情報やVMAXにかける情熱を知りました。
その中でクダンさんのインプレッションは自分でVMAXを操ってるかのように想像し、楽しく拝見しておりました。
彼の死は非常に残念でなりません。
まだ19歳という若さなのに…。

(不謹慎かもしれませんが)

ただ一つせめていいように考えると

最期は好きなVMAXと一緒だったという事かな。

クダンさんのご冥福をお祈りいたします。
arata-max 2009/11/26(Thu)19:53:51 編集
心からご冥福をお祈りします
なんとも無念だったと思います。
このブログが縁で、彼の存在を知ることが出来たのに、
このブログで彼の訃報を知ることになろうとは、何とも悲しい気持ちです。
ご家族の方におかれましては、
突然のご不幸で、さぞお力落としのことと存じます。
心からお悔やみ申し上げます。
F@東北 2009/11/26(Thu)20:01:56 編集
無題
私が初めて旧型maxに乗り出したのが22歳の時。
それから長年乗ってきて、周りの仲間も一緒に年をとり、
若いVmax乗りになかなかお目にかかれなくなってきました。
新型MAXはその価格設定で若者には敷居が高くなり、購入年齢層は更に上がりました。
そんな中クダンさんのような19歳で購入という方は貴重でした。
是非お会いして、一緒に走ってみたかっただけに残念です。
ご冥福をお祈りします。
56号 2009/11/27(Fri)00:59:04 編集
無題
この記事を読んだとき、
二十歳の時に、彼と同じトラックとの
右直事故で突然亡くなった仲間の記憶が
突然蘇りました。

あの頃、私は家出同然で新聞配達店に
住み込みで働いていて、亡くなった仲間も、
同じ従業員でした。

前日の夜、
私と野球の話をして盛り上がった奴は、
翌朝、店から離れたアパートから、
バイクで出勤中に、事故にあったのです。

朝、仕事中に突然店に電話が鳴り、
「あいつ、今、事故にあったらしいぞ・・・」と
兄貴分の人が動揺していました。

「なんか、受け入れ先の病院が
 ちょっと遠いところらしい」

みんな、仕事が手に付かなくなって、
配達に出るのをためらっていた一時間後、

「今、あいつ、死んだそうだ・・・」

電話を受けた仲間が、
放心状態でつぶやきました。

「え?」「うそだろ?」

誰も信じられませんでした。

事故現場に向かった仲間もいましたが、
私は現実をうまく飲み込めなくて、
いや、認めたくなくて、現場に行くのを
止めました。

奴は、仲間の中で一番いい
バイクに乗っていました。

仲間の中で、奴は一番羨ましがられ、
憧れられた存在だった。

今回亡くなられてしまった
Vmaxの彼のように。

葬儀の際、死んだ奴の顔を見て、
私は号泣しました。

事故の衝撃で修正が行えない位、
顔が潰れていたからです。

田舎の宮崎から来たご両親、
地元の仲間、そこにいた誰もが
声を上げて泣いていました。

PNクダンさんのご両親、ご家族、
そして仲間の方々の悲しみを
心からお察しいたします。

私も今、
この記事を見、心から泣いています。

彼とは面識がないけれど、
一人の将来ある若者が
突然、未来を断たれてしまった事に。


















クレイジーなケン 2009/11/27(Fri)01:32:59 編集
ご冥福お祈り致します。
歳も一つ違いの同じ新型V-MAXオーナーとして今回の件は残念でなりません。
事実をねじ曲げようとする加害者にも怒りを覚えますが、もしかしたら明日は我が身と感じます。
まだまだ乗る楽しみ、嬉しさが沢山見つかるというのに…。

猫背猫 2009/11/27(Fri)16:08:22 編集
ご冥福をお祈りいたします
クダンさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

実は僕がこの事実を知ったのはある携帯サイトでのサークルでした。
普段なら皆の書き込みを楽しく閲覧している僕ですが事故の事を知りまだ若い命が逝ってしまった事が残念です。

 バイクは楽しいだけの物ではなく事故、危険と隣あわせの乗り物だと改めて痛感いたしました。
 
でも本当に若者が逝ってしまうなんて残念です。
最近僕の知り合いの方の娘が亡くなりました。
19でした。
クダンさんのご家族縁者の方のお心お察しいたします。
ジンジ 2009/11/27(Fri)21:13:17 編集
私も
久しぶりに覗いたら驚きました

本当に残念です・・・同じバイク乗りとして、縁があって「書類に判子を捺す勇気」に少なからず影響を受けた一人である以上に、何よりその若さでと思うと本当に残念です。

16で免許とバイクを手にして以来とっくに人生の3/2以上バイクに乗っている私にしてみれば心底思います、「腕ではなく運でここまでこれた」と、思っている私ですが本当に残念です。

記したい事は幾らでもありますが・・・ご冥福を祈っております。
501-JFW 2009/12/07(Mon)01:10:12 編集
ご冥福をお祈り申し上げます
 残念としか言いようがありません。
実は小生、2008/5/30に事故に遭いました。(ZZR1400廃車です)8箇所骨折、4ヶ月入院、リハビリ4ヶ月で今は日常生活に支障の無い程復活できて新型VMAXを手に入れる事が出来ました。
本当に事故は被害者になっても加害者になってもろくな事ありません。

話は少々それますが、災害についての統計の一つにハインリッヒの法則と言うものがあります。「1:29:300」の割合で死亡を含む重大災害が発生しているそうです。
(1:重大災害 29:休業を含む災害 300:ヒヤリハット)

ここに訪問される皆さんは十分注意してバイクライフを楽しんでいると思いますが、日常生活の中で上記の統計に含まれるヒヤリハットに遭った事が無いという方はいないと思います。
事故が特別なのではなくて日常生活にその危険が存在しているのだと思います。その延長線上に交通事故や労働災害があるのだと言う事です。
ヒヤリハットが続けばそれは災害(事故)の予兆と考え、PNクダンさんの「教え」を無駄にしない様にしたいと思います。きっとPNクダンさんも草葉の陰からそれを望んでいると思います。

PNクダンさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、ご家族・ご親族の方々に心よりお悔やみ申し上げます。
MAX248(にしやん) 2009/12/12(Sat)15:43:39 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]