忍者ブログ
俺に再び明日は来るのか・・・?
カスタム検索
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [144]  [143
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




久しぶりに特許庁のデーターベースをづらづら眺めてみました。
詳しくは本家新型ページをご覧ください。

古いものも含めていろいろ見てみたら、
気になる特許がひとつ。

V型エンジン用スロットルボディ廻り構造
と題されたその特許は、
「大きな駆動力を必要とせず、ファーストアイドル制御弁を駆動することができる
V型エンジン用スロットルボディ廻り構造を提供する。」
ちゅうことなんですけどね。

バイパスチューブの取り回しとかアクチュエータで駆動する構造とか見てると
V-BOOSTのバイパス&バタフライバルブを想像させられるんですよね・・・・。
多分関係ないとは思うんですけどねー。

誰か詳しい人、教えてください。

しかし、本家にも書きましたが、
可変バルブタイミング機構の装備はもう間違い無いですね。

それと、これも想像なんですが、
改めて2007オブジェの写真とかを見返してみると
リアサスペンションは、フレームに固定しないリンク式になるんじゃないかという
気がします。
ボルト穴とか位置関係からの想像ですけどね。

まぁしかし、いろいろ想像はしてみても、
中身はともかく
「実際どんな乗り味とデザインになるのか?」
というのが一番気になるとこですよね。

こればっかりは大本営発表を待つしかないですけど。

年内の発表が濃厚な訳ですが、
一体どのタイミングで、どこでどんな風に発表するつもりなんでしょうか・・・?

早くしてくれ~!!!


あ、余談ですが、ヤマハさん。
4月20日に配信されたメルマガ、間違ってましたよ。
「編集後記」のところ。

(誤)
◆最高峰MotoGPのデビュー戦で2位を獲得した新星ホルヘ・ロレンゾ選手の快進撃はとどまるところを知りません。第2戦で3位表彰台に立つと地元スペインで開催された第3戦ではなんと優勝を果たしました。続く第4戦中国GPの決勝レースは 5月4日。ヤマハ発動機に隣接する企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」では、このレースをリアルタイムで放映します。ゴールデンウィークの締めくくりに、ぜひご来館ください。

(正)
◆最高峰MotoGPのデビュー戦で2位を獲得した新星ホルヘ・ロレンゾ選手の快進撃はとどまるところを知りません。地元スペインで開催された第2戦で3位表彰台に立つと、第3戦ではなんと優勝を果たしました。続く第4戦中国GPの決勝レースは 5月4日。ヤマハ発動機に隣接する企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」では、このレースをリアルタイムで放映します。ゴールデンウィークの締めくくりに、ぜひご来館ください。


さて、ヤマハ勢は絶好調だし、中国GPも楽しみですね。
ロレンゾは、ホプキンスに無礼を働いて平手打ちで張り倒されたそうな。
絵に描いたような、なかなかのクソガキっぷりですねぇ・・・。
それでも反省しなそうだけど。
PR



PROFILE
HN:
HP:
性別:
男性
ACCESS COUNTER
CALENDAR
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
QRコード
バナー
ブログ内検索
Access Analysis
ヤマハ・ブログパーツ
忍者ブログ [PR]